小飼弾のコードなエッセイ―我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか?(Software Design plusシリーズ) [単行本]
    • 小飼弾のコードなエッセイ―我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか?(Software Design plus...

    • ¥2,246135ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年3月27日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001842433

小飼弾のコードなエッセイ―我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか?(Software Design plusシリーズ) [単行本]

価格:¥2,246(税込)
ポイント:135ポイント(6%還元)(¥135相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年3月27日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日:2013/04/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 97464位

小飼弾のコードなエッセイ―我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか?(Software Design plusシリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    エレガントなプログラムは目指すべき?プロのプログラマに求められる条件。ファイルシステムがない世界。コードとデータの関係。デザイナーなれどクリエイターにあらず。必須アルゴリズム11選…。プログラミング、プログラマ、システムアーキテクチャ、法律。コードをめぐる40編。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    堂々とevaろう。でもevaりすぎにご用心。―コンピュータの基本原理
    Y談。―プログラムをデータとして扱う楽しみ
    I/O止めないで―関数型言語のありがたみ
    メモレカス、ナマケモノドモ―遅延評価でできること
    殺速と複殺―実行しやすさを意識したプログラミング言語
    OS、SOS―カーネルにお願いするということ
    自縄自縛のススメ―ハードウェアを知ることの重要性
    Body and Soul―自分でデザインすること
    Mathコミュニケーション―数学的に考えられますか?
    コードと法律の共通点―「誰が読んでも1つの理解」はアリエナイ〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小飼 弾(コガイ ダン)
    1969年生まれ。1999~2001年、株式会社オン・ザ・エッヂ(旧:ライブドア)でCTOとして勤務。現在は、執筆、講演、プログラミング、Encode Moduleのメンテナンス、投資などマルチにこなす

小飼弾のコードなエッセイ―我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか?(Software Design plusシリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:小飼 弾(著)
発行年月日:2013/05/25
ISBN-10:4774156647
ISBN-13:9784774156644
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:情報科学
ページ数:198ページ
縦:21cm

    技術評論社 小飼弾のコードなエッセイ―我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか?(Software Design plusシリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!