倫理学と対話―道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]
    • 倫理学と対話―道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001850886

倫理学と対話―道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法政大学出版局
販売開始日: 2013/04/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

倫理学と対話―道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学(叢書・ウニベルシタス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「たとえ自由のために政治的に闘争する理由がもはやなくなった場合であっても、それでも依然として自由は守られ、伝えられ、新たに学び取られなければならない。しかしこのことは、理想的合意という仕方では、決して考えることはできない」―ハーバーマスやアーペルらの「討議倫理学」と「真理の合意説」に対する可謬主義的観点からの批判とカント哲学の精緻な再検討が、倫理学を対話によって新たに切り開く可能性を創出する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 カント倫理学の解明
    第2部 討議倫理学批判
    第3部 カント倫理学と討議倫理学との媒介の試み
    理性・解放・ユートピアについて―批判的社会理論のコミュニケーション論的基礎づけのために(革命のモデルあるいは資本主義社会と無階級社会との「連関」モデル
    解放された社会
    ポスト合理主義的な理性概念に向けて
    合理性、真理、合意)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ヴェルマー,アルブレヒト(ヴェルマー,アルブレヒト/Wellmer,Albrecht)
    1933年生まれ。フランクフルト学派ではハーバーマスとホネットの中間に位置し、両者の理論を批判的に媒介する。1966年にフランクフルト大学で哲学博士号を取得。66年から70年までフランクフルト大学の哲学講座でハーバーマスの助手を務めた。71年にフランクフルト大学で教授資格を取得。73年から74年までマックス・プランク研究所の研究員を務め、74年にコンスタンツ大学哲学講座正教授に就任。このときの弟子にマルティン・ゼールやクリストフ・メンケなどがいる。90年ベルリン自由大学美学・解釈学・人文科学講座正教授に転出。2001年に退官、同大学名誉教授

    加藤 泰史(カトウ ヤスシ)
    1956年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科教授。哲学・倫理学

    御子柴 善之(ミコシバ ヨシユキ)
    1961年生まれ。早稲田大学文学学術院教授。哲学

    舟場 保之(フナバ ヤスユキ)
    1962年生まれ。大阪大学大学院文学研究科准教授。哲学

    松本 大理(マツモト ダイリ)
    1973年生まれ。山形大学地域教育文化学部講師。哲学・倫理学

倫理学と対話―道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学(叢書・ウニベルシタス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:アルブレヒト ヴェルマー(著)/加藤 泰史(監訳)/御子柴 善之(訳)/舟場 保之(訳)/松本 大理(訳)/庄司 信(訳)
発行年月日:2013/04/30
ISBN-10:4588009923
ISBN-13:9784588009921
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:320ページ ※317,3P
縦:20cm
その他: 原書名: ETHIK UND DIALOG〈Wellmer,Albrecht〉
他の法政大学出版局の書籍を探す

    法政大学出版局 倫理学と対話―道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!