向き合う仕事―ぼくはこんな人に会ってきた [単行本]
    • 向き合う仕事―ぼくはこんな人に会ってきた [単行本]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001860310

向き合う仕事―ぼくはこんな人に会ってきた [単行本]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:朝日新聞社
販売開始日: 2013/05/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

向き合う仕事―ぼくはこんな人に会ってきた [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 芸能界が教えてくれた―沢尻エリカ/蜷川実花/堂本光一(置き去りにされた「男」;気がつけば、「男目線」;知る努力をしなければ;インタビュアーの敗北)
    2 永田町には「超人」が棲む―麻生太郎/小沢一郎/野田佳彦/安倍晋三(サービス精神に火をつける;カリスマは手強かった;垣間見えた「覚悟」;総理のことばを伝えたい)
    3 スポーツが世の中を変える―桑田真澄/三浦知良/山田正雄(文武両道ってこういうことか;おじさんの英雄と語り合う;名スカウトの人材育成法)
    4 隣国がニッポンを映し出す―イアン・ブレマー/ジョン・ルース/胡錫進(そこまで言われる筋合いはない?;言論の自由の対岸で;一つの主語では語れない;そしてニッポンがやるべきこと)
    5 なぜ被災地にこだわるのか―被災地の人々/半藤一利/クリストファー・ロイド(被災地にはことばがある;「命」を忘れないでほしい;「生き方」を変えなくては;「立場」より「人間」のことばを;それでも花は咲く)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大越 健介(オオコシ ケンスケ)
    1961年新潟県生まれ。1985年東京大学文学部卒業、NHK記者となる。16年にわたった政治部在籍ののち、2005年よりワシントン特派員、2007年より同支局長。2009年に帰国し、「NHKニュースウオッチ9」編集責任者を経て、2010年3月29日より、同番組キャスター

向き合う仕事―ぼくはこんな人に会ってきた [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:朝日新聞出版
著者名:大越 健介(著)
発行年月日:2013/05/30
ISBN-10:4023311960
ISBN-13:9784023311961
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:205ページ
縦:19cm
他の朝日新聞社の書籍を探す

    朝日新聞社 向き合う仕事―ぼくはこんな人に会ってきた [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!