文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]
    • 文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

    • ¥9,900297ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001871048

文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

価格:¥9,900(税込)
ポイント:297ポイント(3%還元)(¥297相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法政大学出版局
販売開始日: 2013/05/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描(叢書・ウニベルシタス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ワーズワスとともにイギリス・ロマン派を代表する詩人の主著であり、英文学史上における文芸批評の最高峰とも見なされる作品、初の完訳。哲学・美学の古典に通じ、同時代のドイツ観念論の衝撃も受けとめて書かれた1817年刊行の本書は、詩人の長年の思索と創作に培われた批評理論であり、近代の洞察であり、その精神史的遍歴の告白でもある。訳者による詳細な注・解説および年譜付。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1巻(本書執筆の動機
    筆者の最初の詩集に対する反響
    学校時代における鑑識眼の涵養
    同時代の作家たちが若者の精神に及ぼす影響 ほか)
    第2巻(『叙情民謡集』出版のきっかけ、および当初の目的
    第二版序文
    続いて起こった論争、その原因と激烈さ
    詩作品および詩の哲学的定義と注釈 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    コウルリッジ,サミュエル・テイラー(コウルリッジ,サミュエルテイラー/Coleridge,Samuel Taylor)
    1772‐1834。イギリス・ロマン主義の詩人・思想家・哲学者。20歳代の作品など、幻想的・瞑想的な詩作で知られる。また当時の社会や政治の問題にも関心をもち、執筆・講演を行なった。30歳代以後は哲学と宗教への関心をいっそう深め、古代から同時代にいたる思想家の書物に広く学びながら、独自の思想体系を構築。シェイクスピア論その他の文芸批評に加え、哲学史の連続講演も行なう

文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描(叢書・ウニベルシタス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:サミュエル・テイラー コウルリッジ(著)/東京コウルリッジ研究会(訳)
発行年月日:2013/05/28
ISBN-10:458800994X
ISBN-13:9784588009945
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:外国文学その他
ページ数:756ページ ※711,45P
縦:20cm
その他: 原書名: Biographia Literaria:Biographical Sketches of My Literary Life and Opinions〈Coleridge,Samuel Taylor〉
他の法政大学出版局の書籍を探す

    法政大学出版局 文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!