近代大阪の産業発展―集積と多様性が育んだもの [単行本]
    • 近代大阪の産業発展―集積と多様性が育んだもの [単行本]

    • ¥5,940179ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月22日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001871057

近代大阪の産業発展―集積と多様性が育んだもの [単行本]

価格:¥5,940(税込)
ポイント:179ポイント(3%還元)(¥179相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月22日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2013/05/31
ご確認事項:返品不可

近代大阪の産業発展―集積と多様性が育んだもの [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「東洋のマンチェスター」「商都」と呼ばれた近代大阪の発展プロセスについて、機械工業、輸出雑貨工業、公設試験研究機関の視角から稠密に探究する圧倒的労作。諸産業の集積と多様性を育みつつ発展する姿をとらえ、産業集積、製造問屋、公設試験研究機関の果たした役割を解明する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 機械工業の展開(明治中後期の機械工業
    第1次世界大戦期の機械工業
    1920年代の機械工業
    1930年代の機械工業
    戦時下における工場集積地の形成―大阪府布施市高井田地区の事例)
    第2部 輸出雑貨工業の展開(1910年代の輸出雑貨工業―ブラシ・貝ボタン・琺瑯鉄器
    1920年代の輸出雑貨工業―歯ブラシ・貝ボタン・琺瑯鉄器
    1930年代の輸出雑貨工業―歯ブラシ・貝ボタン・琺瑯鉄器)
    第3部 公設試験研究機関の活動(戦間期の大阪市立工業研究所
    戦前・戦中期の大阪府立産業能率研究所と大阪府工業奨励館
    太平洋戦争後半期における大阪府生産増強推進隊の活動
    ある能率技師の戦前・戦中・戦後―園田理一の活動を中心に)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    沢井 実(サワイ ミノル)
    1953年生まれ。1978年国際基督教大学教養学部卒業。1983年東京大学大学院経済学研究科第二種博士課程単位取得退学。現在、大阪大学大学院経済学研究科教授、博士(経済学)

近代大阪の産業発展―集積と多様性が育んだもの [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:沢井 実(著)
発行年月日:2013/05/30
ISBN-10:464116407X
ISBN-13:9784641164079
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:408ページ
縦:22cm

    有斐閣 近代大阪の産業発展―集積と多様性が育んだもの [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!