かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫]
    • かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫]

    • ¥60719ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001872610

かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫]

価格:¥607(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2013/06/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    年末の全国コンサートツアーの間隙を縫って病床の父を見舞う日々。その脳裏に甦る、昭和三十年代、復興から笑顔が戻った長崎、十二歳でひとり上京した下町の人間模様―。カステラの香りとバイオリンの調べに包まれた記憶の中心には、報われず、辛酸を舐め続けても底抜けの明るさで乗り切っていく、身勝手で傍迷惑で、それでも皆から愛された破天荒な父と、振り回され続けた家族の姿があった。シンガーソングライターとして作家として、家族の風景、時間と季節の移ろい、いのちの煌めきをテーマに珠玉の名作を紡ぎ続けるさだまさしが父に捧ぐ、初の自伝的実名小説。
  • 内容紹介

    さだまさし初の自伝的実名小説、遂に文庫化

    昭和30年代、長崎。カステラの香りに包まれた記憶の中には、明るくて,ちょっと迷惑で、それでも皆から愛された破天荒な父と、振り回された家族の姿があった――。シンガーソングライターとして作家として、家族を巡る珠玉の名作を紡いできたさだまさしが父に捧ぐ、「もうひとつの“精霊流し”」。2012年4月10日、自身の還暦誕生日に上梓された、著者初の自伝的実目小説が遂に文庫化。7月7日からNHKBSプレミアムドラマにて遂に連続ドラマ化(主演・遠藤憲一、脚本・羽原大介『パッチギ!』『フラガール』他)。この夏、日本中の涙を誘います。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    今年7月17日、18日に前人未踏の4000回目のコンサート(武道館)を迎えるさださん。シンガーソングライター、小説家、MCとしてますますパワーアップする氏の記念碑的作品の文庫化です。。

    図書館選書
    若き父の記憶はカステラの香りとともに、故郷の風景を連れてやってくる――。あたたかな笑いの果てに涙あふれる、作家・さだまさし真骨頂の書き下ろし、遂に文庫化。7月7日から連続ドラマ化。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    さだ まさし(サダ マサシ)
    1952年、長崎県生まれ。73年、フォークデュオ・グレープとしてデビュー。『精霊流し』が大ヒット。76年、ソロデビュー後も、『雨やどり』『関白宣言』『親父の一番長い日』『北の国から』など数々のヒット曲を生む。二十一世紀に入って小説家としての活動を開始

かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:さだ まさし(著)
発行年月日:2013/06/11
ISBN-10:4094088350
ISBN-13:9784094088359
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:237ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 かすてぃら―僕と親父の一番長い日(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!