衆愚の病理(新潮新書) [新書]
    • 衆愚の病理(新潮新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月14日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001878834

衆愚の病理(新潮新書) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月14日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2013/06/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 151908位

衆愚の病理(新潮新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現役医師が、冷徹な眼差しでこの国を診断。見えてきたのは、国全体を覆う、プロを軽視して素人を持て囃す病だった。「情報が患者の不安を生産する」「敗戦処理はエースの仕事」「民主主義がヒトラーやルーピーを生む」「人は思考停止を欲する」―ロジカルでシニカル、ときにアクロバティックな議論から日本の本当の病状を炙り出す、毒と逆説と笑いに満ちた社会論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 「敗戦処理」はエースの仕事である(「敗戦処理」とは何か
    「患者の死」は忌むべき敗北なのか
    「寝たきり」人生の価値)
    2 情報が害毒を生産する(不安のもとになる情報
    「最悪を想定する」という無責任)
    3 「惰性」の研究(惰性の功罪
    「タリバンホスピス」の傲慢
    人は思考停止を欲する
    座生の活用とその限界)
    4 諸悪の根源、民主主義(ルーピーを生み出すシステム
    自称リーダー多くして国沈む
    あなたも私もビョーキである
    「信じる」者は救われない)
    5 逆風下のプロフェッショナリズム(八百長は文化である
    「原子力村」のプロが日本を救う
    金で魂を売る作法
    死神の仕事、実は医者の仕事)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    里見 清一(サトミ セイイチ)
    三井記念病院呼吸器内科科長。1961(昭和36)年鳥取県生まれ。1986年東京大学医学部卒業。国立がんセンター中央病院内科などを経て2009年より現職。日本癌学会・日本臨床腫瘍学会・日本肺癌学会評議員

衆愚の病理(新潮新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:里見 清一(著)
発行年月日:2013/06/20
ISBN-10:410610525X
ISBN-13:9784106105258
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
ページ数:236ページ
縦:18cm

    新潮社 衆愚の病理(新潮新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!