「東洋の魔女」論(イースト新書) [新書]
    • 「東洋の魔女」論(イースト新書) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001894788

「東洋の魔女」論(イースト新書) [新書]

価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月25日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:イースト・プレス
販売開始日: 2013/07/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「東洋の魔女」論(イースト新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一九六四年一〇月二三日、視聴率六六・八%を稼ぎ出すほどの国民が見守る中、金メダルを獲得した「東洋の魔女」。彼女たちが在籍した繊維工場は、当時多くの女性が従事した日本の基幹産業であり、戦前には『女工哀史』に象徴されるような非惨な労働環境も抱えていたが、そこでバレーボールが行われたことの意味するものは何か。そして「東洋の魔女」が「主婦」を渇望したことの意味するものは何か。「レクリエーション」という思想からバレーボールが発明され、日本の繊維工場から「東洋の魔女」が誕生したことの歴史性を考察する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 実践としてのレクリエーション(都市とレクリエーション;工場とレクリエーション;レクリエーションのグローバル化と日本)
    第2部 歴史的必然としての「東洋の魔女」(バレーボールの日本的受容;繊維工場内の女子バレーボール;工場から企業のバレーボールへ;せめぎあう共同性とスペクタクル化;「魔女」から「主婦」への旅立ち)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    新 雅史(アラタ マサフミ)
    1973年福岡県生まれ。東京大学人文社会系研究科博士課程(社会学)単位取得退学。専攻は産業社会学・スポーツ社会学。現在、学習院大学大学院ほかで非常勤講師を務める。著書に、初の単著にして2012年5月刊行以来版を重ねている『商店街はなぜ滅びるのか―社会・政治・経済史から探る再生の道』(光文社新書)がある

「東洋の魔女」論(イースト新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:イースト・プレス
著者名:新 雅史(著)
発行年月日:2013/07/16
ISBN-10:4781650090
ISBN-13:9784781650098
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:213ページ
縦:18cm
他のイースト・プレスの書籍を探す

    イースト・プレス 「東洋の魔女」論(イースト新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!