つばめの来る日(角川文庫) [文庫]
    • つばめの来る日(角川文庫) [文庫]

    • ¥61619ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001905556

つばめの来る日(角川文庫) [文庫]

価格:¥616(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2001/09/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

つばめの来る日(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    父親に認めてもらおうとボクシングを始める少年、息子と初めての潮干狩りに出かける父親。試験勉強のために女友達の家を訪れる大学生、ベランダで鉢植えを愛でる独身サラリーマン…。ふつうの人生を生きる、ごくふつうの男たちの背中は、いつもどこか淋しい。男にとっての幸福とは孤独とは、いったい何なのか。じんわりと心にしみこんでくる、九つのほのかな感動。著者自作解説つき。
  • 目次

    角ざとう あじフライ 汐干狩 星が降る 水仙 歯ブラシ カーテン 甘酒 寒山拾得 自作解説
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    角ざとう
    あじフライ
    汐干狩
    星が降る
    水仙
    歯ブラシ
    カーテン
    甘酒
    寒山拾得
  • 出版社からのコメント

    ごくふつうの人々の心の奥底に潜む複雑な葛藤を描く、名短篇集。
  • 内容紹介

    父親に認めてもらおうとボクシングに励む少年.自分の性的指向に葛藤を覚える青年。試験勉強のために女友達の家を訪れる大学生。どこか寂しげな九人を描き、読む者の心にじんわり染みこむ九つの短編集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橋本 治(ハシモト オサム)
    1948年、東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒。77年青春小説『桃尻娘』で作家デビュー以来、SF『暗野』、評論『宗教なんかこわくない!』ほか、『生きる歓び』『双調平家物語』など、その非常に巧みで多彩な作風には定評があり、幅広く人気を得ている

つばめの来る日(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川書店
著者名:橋本 治(著)
発行年月日:2001/09/25
ISBN-10:4043567022
ISBN-13:9784043567027
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:251ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA つばめの来る日(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!