映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本]
    • 映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001913723

映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:フィルムアート社
販売開始日: 2013/07/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    映画前史からフィルムカルチャー全盛期、そしてデジタルが加速する2010年代まで。デジタル・グローバリズム時代に知っておきたい映画史キーワード!鑑賞・研究・批評にコンパクトに使える映画事典。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1895年まで―映画の誕生前夜、「動く映像」への試作期
    1895…1900年代末―シネマトグラフの誕生、「驚き」から「物語」へ
    1900年代末…1910年代―パテ社、MPPCなど産業システムの始動期
    1920年代―夢の工場、アヴァンギャルド、モダニスムの高揚期
    1930年代―無声映画からトーキーへ、夢と現実の交差
    1940年代―戦争下のプロパガンダ、国策映画時代
    1950年代―娯楽王国の変調、ハリウッド・システムの凋落期
    1960年代―自由と新しい波の台頭、撮影所システムから離れて
    1970年代―ニュー・ハリウッドの誕生、香港、インド映画の台頭
    1980年代―マルチプレックス化と多様なヴィジュアライゼーションの実験
    空前のインディーズ・ブーム、そして新しい世紀へ
    情報社会の幕開けと液状化するリアリティ、ハリウッドの苦悩
    立ち上がるソーシャルとクラウド、デジタル時代の新たな地平
  • 内容紹介

    映画前史からフィルムカルチャー全盛期、そしてデジタルが加速する2010年代まで。デジタル・グローバリズム時代に知っておきたい映画史キーワード!鑑賞・研究・批評にコンパクトに使える映画事典。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村山 匡一郎(ムラヤマ キョウイチロウ)
    日本大学芸術学部教授。映画の批評、研究、翻訳、教育などを中心に活動

映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:フィルムアート社
著者名:村山 匡一郎(編)
発行年月日:2013/07/22
ISBN-10:4845913070
ISBN-13:9784845913077
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:演劇・映画
言語:日本語
ページ数:351ページ
縦:19cm
他のフィルムアート社の書籍を探す

    フィルムアート社 映画史を学ぶクリティカル・ワーズ 新装増補版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!