血盟団事件 [単行本]

販売休止中です

    • 血盟団事件 [単行本]

    • ¥2,31070ポイント(3%還元)
100000009001921917

血盟団事件 [単行本]

価格:¥2,310(税込)
ポイント:70ポイント(3%還元)(¥70相当)
日本全国配達料金無料
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2013/08/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

血盟団事件 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一九二八(昭和三)年、日本での革命を目指す宗教家・井上日召は、流浪の末に茨城県大洗にたどり着く。巧みな弁舌で農村の若者たちを魅了し、次第にカリスマ的指導者として君臨するようになる井上。共に理想のための「捨石」となる決意を固めた彼は、若者たちを「一人一殺」を掲げるテロリスト集団「血盟団」に変貌させていった―。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 若き井上日召(粗末なアパート
    涼子 ほか)
    第2章 煩悶青年と護国堂(大洗と那珂湊
    若き古内栄司 ほか)
    第3章 革命へ(中曽根康弘の証言
    四元義隆と鹿児島 ほか)
    第4章 一人一殺(代々木上原
    権藤成卿と「社稷自治」 ほか)
  • 出版社からのコメント

    昭和の歴史に残る連続テロ事件を起こした宗教家・井上日召。彼はいかにして悩める若者たちを束ね「血盟団」を生み出したのか。
  • 内容紹介

    「血盟団事件」は、日本史の教科書に出てくるほどの大事件でありながら、これまで五・一五事件や二・二六事件の様には取り上げられてはきませんでした。しかし、著者の中島氏はこの事件の中にこそ当時の若者たちが抱えた苦悩が隠されているのではないかと考えました。残された供述調書や回想録を精査する中で浮かび上がってきたのは、 格差問題や就職難、ワーキングプア、社会からの孤立感など現代の若者にも通底する悩みの数々でした。

    資料を読むだけではなく中島氏は数々の「現場」を歩くことで、本書に厚みを加えます。事件現場となった東京・三井銀行本館をはじめ、茨城・大洗、群馬・川場、鹿児島、そして旧満洲の遼陽まで――足跡をたどる旅は、海外まで広がりました。

    事件の鍵となる人物の周辺取材では、井上涼子氏(井上日召娘)、團紀彦氏(團琢磨曾孫)、中曽根康弘元首相(四元義隆と親交があった)へのインタビューを行ないました。また元血盟団のメンバー川崎長光氏に話を聞くこともできました。

    海軍士官、エリート帝大生、定職に就けない若者など交わることのないはずだった人々が、カリスマ宗教家の井上日召と出会い凶行に走る――。
    事件後八十年を経てその真相に迫ったノンフィクションです。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中島 岳志(ナカジマ タケシ)
    1975年生まれ。現在北海道大学准教授。インドを中心としたアジア政治と思想、近現代日本の思想について数々の著作を発表している。『中村屋のボース』(大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞)他

血盟団事件 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:中島 岳志(著)
発行年月日:2013/08/10
ISBN-10:4163765506
ISBN-13:9784163765501
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:398ページ
縦:20cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 血盟団事件 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!