カタリ派―中世ヨーロッパ最大の異端(「知の再発見」双書) [全集叢書]
    • カタリ派―中世ヨーロッパ最大の異端(「知の再発見」双書) [全集叢書]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001932446

カタリ派―中世ヨーロッパ最大の異端(「知の再発見」双書) [全集叢書]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2013/08/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

カタリ派―中世ヨーロッパ最大の異端(「知の再発見」双書) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 西暦1000年を迎えたキリスト教世界
    第2章 ヨーロッパのカタリ派教会
    第3章 恩寵の時代
    第4章 同盟を結んだ教皇とフランス国王
    第5章 カタリ派の消滅
    資料篇―キリストの貧者か悪魔の使徒か
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ブルノン,アンヌ(ブルノン,アンヌ/Brenon,Anne)
    古文書学者。フランス国立古文書学校および高等研究実習院宗教学部門修了。雑誌「異端」を創刊。中世の異端、とりわけカタリ派の研究を専門としており、それらに関する書籍や論文を数多く発表しているほか、数年にわたりモンペリエ大学で教鞭を取っている。現在は、フランスの文化遺産の名誉研究員として、科学グループ「モンタイユー―ピレネー地方の記憶」に参加

    池上 俊一(イケガミ シュンイチ)
    1956年愛知県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は西洋中世史。東京大学大学院人文科学研究科西洋史学専攻博士課程中退。86~88年フランス国立社会科学高等研究院に留学し、研究に従事

    山田 美明(ヤマダ ヨシアキ)
    1968年生まれ。東京外国語大学英米語学科中退。仏語・英語翻訳家

カタリ派―中世ヨーロッパ最大の異端(「知の再発見」双書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:アンヌ ブルノン(著)/池上 俊一(監修)/山田 美明(訳)
発行年月日:2013/08/20
ISBN-10:4422212206
ISBN-13:9784422212203
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:キリスト教
ページ数:142ページ
縦:18cm
横:13cm
その他: 原書名: Les cathares:Pauvres du Christ ou ap^otres de Satan?〈Brenon,Anne〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 カタリ派―中世ヨーロッパ最大の異端(「知の再発見」双書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!