避難弱者―あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? [単行本]
    • 避難弱者―あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? [単行本]

    • ¥1,94459ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001936062

避難弱者―あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? [単行本]

価格:¥1,944(税込)
ポイント:59ポイント(3%還元)(¥59相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東洋経済新報社
販売開始日:2013/08/31
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 45927位

避難弱者―あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    原発から爆発音が聞こえた―放射線が飛び交う中、自らの危険を顧みず老人に寄り添った介護士たちの奮闘と葛藤を克明に描き出す感動のルポ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「終わりだ。原発が爆発した」―死者が続出した老人ホーム、バラバラに避難した老人ホーム
    第2章 「おらがこんな状況だから、みんなおらのことおいて逃げんだべ」―最後まで取り残された老人ホーム、長距離避難を強いられた老人ホーム
    第3章 「やっぱり、高齢者には避難は無理なんだ」―避難しないことを選択した老人ホーム
    第4章 「最後は俺がケツを拭くから。明日にでも受け入れるよ」―行政よりも早く避難者の受け入れに動いた会津の老人ホーム
    第5章 「子どもができなくなったら、どう責任とるんだよ!」―現場で戦った職員の本音
    第6章 「弱者が淘汰されていくのかと思うほど簡単に亡くなっていく」―今、何をすべきか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    相川 祐里奈(アイカワ ユリナ)
    1986年愛知県生まれ。2010年慶應義塾大学総合政策学部卒業。大手新聞社に勤務した後、2012年3月、国会に設置された東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)に事務局調査員として参加。解散後はフリージャーナリストとして活動している

避難弱者―あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? の商品スペック

商品仕様
出版社名:東洋経済新報社
著者名:相川 祐里奈(著)
発行年月日:2013/08/29
ISBN-10:4492223312
ISBN-13:9784492223314
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:285ページ
縦:20cm

    東洋経済新報社 避難弱者―あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!