数学序説(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 数学序説(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年7月2日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001943999

数学序説(ちくま学芸文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年7月2日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2013/09/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

数学序説(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    数学を“教養”として身に付けたい。苦手意識はあるけれど、理解する喜びを味わってみたい―。そんな世間一般の期待に応え、半世紀以上にわたり愛読されてきたロングセラー。ユークリッド幾何の体系、微積分の概念、数学の基礎づけ、確率・統計などの重要なトピックについて、歴史的背景を辿りながら解説。叙述は丁寧そのもので、紙と鉛筆は必要なし!文章をじっくり追うことで、おのずと数学への理解が深まってゆく。『零の発見』と双璧を成す数学入門の古典的名著。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 幾何学的精神―パスカルとエウクレイデス
    2 光は東方より―代数学の誕生
    3 描かれた数―デカルトの幾何学
    4 接線を描く―微分法と極限の概念
    5 拡がりを測る―面積と積分法の概念
    6 数学とは何か―ヒルベルトの公理主義
    7 脱皮した代数学―群、環、体
    8 直線を切る―実数の概念と無限の学の形成
    9 数学の基礎づけ―無限の学の破綻と証明論の発生
    10 偶然を処理する―確率と統計
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉田 洋一(ヨシダ ヨウイチ)
    1898‐1989年。1923年東京帝国大学理学部数学科卒業。第一高等学校、北海道大学、立教大学、埼玉大学教授を歴任

    赤 攝也(セキ セツヤ)
    1926年生まれ。1949年東京大学理学部数学科卒業。立教大学、東京教育大学、放送大学教授を歴任

数学序説(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:吉田 洋一(著)/赤 攝也(著)
発行年月日:2013/09/10
ISBN-10:4480095586
ISBN-13:9784480095589
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:数学
ページ数:473ページ
縦:15cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 数学序説(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!