間主観性の現象学〈2〉その展開(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 間主観性の現象学〈2〉その展開(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月3日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001944010

間主観性の現象学〈2〉その展開(ちくま学芸文庫) [文庫]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月3日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2013/09/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 690177位

間主観性の現象学〈2〉その展開(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フッサール現象学のメインテーマ「間主観性の現象学」第2巻。本書では、自他の身体の構成から人格的生の精神共同体の構成まで、生活世界の根底とその全体に到達しうる現象学的分析が展開される。フッサールの人格共同体の構成分析は、人間の社会生活の具体的で歴史的な全体性を呈示し、のちのハイデガーやレヴィナスなどの真の関係性を喪失している孤立した実存の限界までも克服する。人格共同体の実現に関する構成分析はまた、日本における人格概念を基軸にする社会哲学の完全な欠落をうきぼりにし、日本の生活世界に根ざした社会哲学の構築を喫緊の課題として要請するだろう。待望の本邦初訳。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 自他の身体(自分の身体と他者の身体
    私の身体の構成 ほか)
    第2部 感情移入と対化(感情移入論への導入
    精神の現出としての他者経験 ほか)
    第3部 共同精神(共同体論)(共に働きかけあう共同体としての社会共同体
    共同体の高次の能作とその構成 ほか)
    第4部 正常と異常(正常な人の世界と、異常な人が世界構成へ参加すること
    正常性から出発する世界の超越論的構成 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    フッサール,エトムント(フッサール,エトムント/Husserl,Edmund)
    1859‐1938。ドイツの哲学者。現象学を創始し、「厳密な学としての哲学」を構築する

    浜渦 辰二(ハマウズ シンジ)
    大阪大学教授

    山口 一郎(ヤマグチ イチロウ)
    東洋大学客員教授

間主観性の現象学〈2〉その展開(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:エトムント フッサール(著)/浜渦 辰二(監訳)/山口 一郎(監訳)
発行年月日:2013/09/10
ISBN-10:4480095748
ISBN-13:9784480095749
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:哲学
ページ数:606ページ ※599,7P
縦:15cm
その他: 原書名: ZUR PH¨ANOMENOLOGIE DER INTERSUBJEKTIVIT¨AT〈Husserl,Edmund〉

    筑摩書房 間主観性の現象学〈2〉その展開(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!