清沢洌評論集(岩波文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 清沢洌評論集(岩波文庫) [文庫]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
100000009001971203

清沢洌評論集(岩波文庫) [文庫]

価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
日本全国配達料金無料
出版社:岩波書店
販売開始日:2002/09/20
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 336944位

清沢洌評論集(岩波文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第二次大戦中の日記「暗黒日記」で知られる清沢洌(1890‐1945)は、大正から昭和の戦前・戦中にかけて、リベラリズムの立場から外交問題を中心に論陣をはったジャーナリスト・評論家。「愛国心の悲劇」「甘粕と大杉の対話」など、先見的で、現代においても示唆するところ多い、リベラリスト清沢の評論のエッセンスを集めた一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 渡米中の評論―一九〇六‐一九一八(米国通信
    日本の社会とその感想
    日米問題の現状)
    2 新聞記者時代―一九二〇‐一九二五(日米の関係
    『モダン・ガール』(抄)
    軍備撤廃の期到る
    甘粕と大杉の対話
    愛国心の悲劇)
    3 恐慌から戦争へ―一九二九‐一九四〇(『アメリカは日本と戦わず』(抄)
    『非常日本への直言』(抄)
    『激動期に生く』(抄)
    現代ジャーナリズムの批判
    『混迷時代の生活態度』(抄)
    『現代日本論』(抄))
    4 戦時下の構想―一九四一‐一九四五(日本外交を貫くもの
    戦後世界秩序私案)

清沢洌評論集(岩波文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:清沢 洌(著)/山本 義彦(編)
発行年月日:2002/09/18
ISBN-10:4003317823
ISBN-13:9784003317822
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:政治含む国防軍事
ページ数:392ページ
縦:15cm

    岩波書店 清沢洌評論集(岩波文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!