日本美術全集 16 [全集叢書]
    • 日本美術全集 16 [全集叢書]

    • ¥16,500495ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001979057

日本美術全集 16 [全集叢書]

山下 裕二(責任編集)
価格:¥16,500(税込)
ポイント:495ポイント(3%還元)(¥495相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2013/10/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本美術全集 16 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    黒船襲来!油絵や石版画、彫刻、写真など、新しい「美術」が海外から続々と流入、一方で、浮世絵や技をきわめた漆器、陶芸の作品が輸出され、ヨーロッパではジャポニズムが開花する。開国とともに向かえた日本美術の激動期を縦覧します。
  • 目次

    ・はじめに 山下裕二(明治学院大学教授)
    ・日本美術史の裂け目を修復する-幕末明治期の豊饒な表現について 山下裕二
    ・19世紀日本美術の知覚変動 古田亮(東京藝術大学准教授)
    ・歴史を学ぶ・楽しむ-幕末明治期の視覚表現から
    塩谷純(東京文化財研究所企画情報部 近・現代視覚芸術研究室長)
    ・激動期における「名工」の位置 黒川廣子(東京藝術大学准教授)
    ・コラム/描かれた明治天皇 古田亮
    ・コラム/幕末明治期の書 高橋利郎(大東文化大学准教授)
    ・コラム/激動期に起点をもつ日本の視覚文化-写真 三井圭司(東京都写真美術館学芸員)
    ・コラム/伝統から解放された建築 清水重敦(京都工芸繊維大学准教授)
  • 内容紹介

    東西文化が強烈に響き合う、激動期の美術!

    江戸時代、独自の文化を成熟させてきた日本。開国とともに西洋から強烈な刺激が押し寄せる。油絵や写真技術などがもたらされ、横浜や長崎などの外国人居留地からその技術が全国へひろめられた。明治維新後には、お雇い外国人による教育を受けるものも出てくる。「美術」という言葉がつくられ、教育制度が整えられていった。また、欧米諸国で開催される万国博覧会へ出品するために、国をあげて美術の興隆がはかられた。長崎を介して鎖国中にも取り入れられていた南画や洋風画、それに伝統的絵画のやまと絵、浮世絵、さまざまな職人芸にもその影響がおよぶ。高橋由一・五姓田芳柳・原田直次郎らの油絵、伝統的日本画の系譜をひく冷泉為恭・塩川文麟・狩野芳崖らの作品、月岡芳年、河鍋暁斎、小林清親らの浮世絵や版画作品、またとくに重点をおいた工芸の分野では、柴田是真、白山松哉、旭玉山らの超絶技巧の数々、あわせて180点あまり掲載しました。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    従来の美術の範疇にとらわれない、さまざまな作品を取り上げました。とくに工芸作品は宮内庁三の丸尚蔵館や東京藝術大学の所蔵品を中心に、これまでの美術全集にない数を掲載しています。また、高橋由一、河鍋暁斎、柴田是真、狩野芳崖らは複数の作品を取り上げ、狩野一信は「五百羅漢図」を全図掲載しました。幕末の開国から明治維新を経て、東京美術学校が開設されるまでの、“激動期”の美術を堪能できる1冊です。

    図書館選書
    江戸時代、独自の文化を成熟させてきた日本に、西洋の強烈な刺激が押し寄せる。美術という言葉がつくられ、さまざまな作品が生みだされた。河鍋暁斎、高橋由一、柴田是真…。超絶技巧の作品を180点あまり掲載!

日本美術全集 16 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:山下 裕二(責任編集)
発行年月日:2013/10/30
ISBN-10:4096011169
ISBN-13:9784096011164
判型:規大
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:295ページ
縦:38cm
横:27cm
その他:激動期の美術-幕末から明治時代前期-
他の小学館の書籍を探す

    小学館 日本美術全集 16 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!