まちモジ―日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? [単行本]
    • まちモジ―日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001986702

まちモジ―日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2013/11/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

まちモジ―日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界の街角で集めた文字350点。その秘密に迫る。文字観察本の決定版!!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 日本に丸ゴシックが多い理由(ヨーロッパの「止まれ」コレクション
    日本の道路標識
    日本はよく考えると丸ゴシックだらけ ほか)
    2 世界のまちモジ観察(ドイツの文字は独特の字形
    ドイツっぽい書き文字風ロゴ
    フュッセンの案内板 ほか)
    3 フォントの世界(マクドナルドが使っているフォントは
    Lufthansaの「軽量化」
    カスタマイズ版Akkoがドイツの大手スーパーマーケットに ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 章(コバヤシ アキラ)
    武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。1983年から1989年まで株式会社写研で書体デザインに携わった後、1989年から約1年半、ロンドンでカリグラフィやタイポグラフィを学ぶ。1990年に帰国後は日本のフォントメーカーで働き、その後フリーランスとなって欧文書体を発表する。世界的な書体デザインコンテストで2度グランプリを受賞したのをきっかけに、2001年にライノタイプ社(2013年に社名をモノタイプに変更)のタイプディレクターに就任。現在、ドイツ在住。書体の品質管理のほか、自身のオリジナル書体の制作、有名な書体デザイナーであるヘルマン・ツァップ氏やアドリアン・フルティガー氏と共同での書体開発、過去の書体ファミリーの改刻、企業制定書体(コーポレートタイプ)の開発を担当している

まちモジ―日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:小林 章(著)
発行年月日:2013/11/25
ISBN-10:4766125444
ISBN-13:9784766125443
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:芸術総記
ページ数:207ページ
縦:21cm
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 まちモジ―日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか? [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!