原因を推論する-政治分析方法論のすゝめ [単行本]
    • 原因を推論する-政治分析方法論のすゝめ [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001988424

原因を推論する-政治分析方法論のすゝめ [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2013/11/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

原因を推論する-政治分析方法論のすゝめ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ある政治現象が起きた時、人はさまざまにその原因を推論する。その際、印象論ではなく、現状を客観的にとらえ、なぜその現象が生じたのかを経験的・実証的に分析するには、どのような作法に従えばよいか。一見、実証的にみえる分析の落とし穴に陥らないためには、どういった点に注意すればよいか。計量分析と質的分析に共通した方法とは何か。新たな理論・仮説を構築する方法とは?政治学のみならず、広く社会科学を学ぶ読者に向けて、身近で一般的な社会現象や政治現象を題材に、第一人者が軽妙洒脱に掘り下げて解説する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    説明という試み
    説明の枠組み―原因を明らかにするとはどういうことか
    科学の条件としての反証可能性―「何でも説明できる」ってダメですか?
    観察、説明、理論―固有名詞を捨てる意味
    推論としての記述
    共変関係を探る―違いを知るとはどういうことか
    原因の時間的先行―因果関係の向きを問う
    他の変数の統制―それは本当の原因ですか?
    分析の単位、選択のバイアス、観察のユニバース
    比較事例研究の可能性
    単一事例研究の用い方
    政治学と方法論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    久米 郁男(クメ イクオ)
    1957年、大津市に生まれる。1981年、京都大学法学部卒業。1994年、コーネル大学大学院博士課程修了。神戸大学大学院法学研究科教授などを経て、早稲田大学政治経済学術院教授(政治学専攻)、Ph.D.(政治学)

原因を推論する-政治分析方法論のすゝめ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:久米 郁男(著)
発行年月日:2013/11
ISBN-10:4641149070
ISBN-13:9784641149076
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
ページ数:272ページ
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 原因を推論する-政治分析方法論のすゝめ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!