笑いと忘却の書(集英社文庫) [文庫]
    • 笑いと忘却の書(集英社文庫) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月25日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001992252

笑いと忘却の書(集英社文庫) [文庫]

  • 1.8
価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月25日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2013/11/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

笑いと忘却の書(集英社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    党の粛清により、隣の男に貸した帽子を除いて、すべての写真から消滅した男。一枚の写真も持たずに亡命したため、薄れゆく記憶とともに、自分の過去が消えてしまうのではないかと脅える女…。“笑い”と“忘却”というモチーフが、さまざまなエピソードを通して繰り返しバリエーションを奏でながら展開され、共鳴し合いながら、精緻なモザイクのように編み上げられる物語。
  • 内容紹介

    7編の連作短編を通して〈笑い〉と〈忘却〉というモチーフが繰り返しバリエーションを奏でながら展開され、精緻なモザイクのように編み上げられる、変奏形式の小説。クンデラ文学の原点。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    クンデラ,ミラン(クンデラ,ミラン/Kundera,Milan)
    1929年チェコスロヴァキア生まれ。プラハ音楽芸術大学を卒業後、同大学で世界文学を講義する。67年第一長編『冗談』発表。68年の“プラハの春”の挫折後、大学の職を失い、全著作は国内発禁となる。75年フランス亡命。81年同国の市民権獲得。84年発表の『存在の耐えられない軽さ』、90年の『不滅』で世界的な注目を集めた。現在もフランス在住

笑いと忘却の書(集英社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:ミラン クンデラ(著)/西永 良成(訳)
発行年月日:2013/11/25
ISBN-10:4087606775
ISBN-13:9784087606775
判型:文庫
発売社名:集英社
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:383ページ
縦:16cm
その他: 原書名: LE LIVRE DU RIRE ET DE L'OUBLI〈Kundera,Milan〉
他の集英社の書籍を探す

    集英社 笑いと忘却の書(集英社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!