露出せよ、と現代文明は言う―「心の闇」の喪失と精神分析 [単行本]
    • 露出せよ、と現代文明は言う―「心の闇」の喪失と精神分析 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001993129

露出せよ、と現代文明は言う―「心の闇」の喪失と精神分析 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:河出書房新社
販売開始日:2013/11/21
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 349216位

露出せよ、と現代文明は言う―「心の闇」の喪失と精神分析 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    凶悪犯罪のたびにメディアで語られてきた「心の闇」。しかし現代の犯罪者は、ほんとうに「心の闇」をもっているのだろうか。むしろ彼らの心に「闇」がないことが問題なのではないか。私たちの心から「闇」が失われつつある。それこそが、現代の危機、心の危機をもたらしているとしたら?ラカン派の俊英が問う衝撃の評論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「心の時代」とはどういう時代か
    第2章 他者は近く、そして遠く
    第3章 子どもの国のヰタ・セクスアリス
    第4章 コンテンツなき身体、思考なき無意識
    第5章 フォン・ハーゲンスのアートと「二つの死のあいだ」
    第6章 精神分析の詩学―メタファーと心的空間
    第7章 症状なき主体は彷徨う
    第8章 エビデンスの光のなかで
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    立木 康介(ツイキ コウスケ)
    1968年生まれ。神奈川県出身。京都大学人文科学研究所准教授。博士(パリ第8大学、精神分析)
  • 出版社からのコメント

    犯罪のたび語られる「心の闇」。だがそれを失ったことこそ現代の危機ではないのか!? 亀山郁夫、市川真人氏絶賛、衝撃の長篇評論。
  • 著者について

    立木 康介 (ツイキ コウスケ)
    1968年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。博士(パリ第8大学、精神分析)。ラカン派精神分析を駆使し、現代の心的空間を問う注目の俊英。著書『精神分析と現実界』、編著『精神分析の名著』。

露出せよ、と現代文明は言う―「心の闇」の喪失と精神分析 の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:立木 康介(著)
発行年月日:2013/11/30
ISBN-10:4309246370
ISBN-13:9784309246376
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:301ページ
縦:20cm

    河出書房新社 露出せよ、と現代文明は言う―「心の闇」の喪失と精神分析 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!