五峰の鷹 [単行本]
    • 五峰の鷹 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月22日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001997929

五峰の鷹 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月22日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2013/11/29
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 669788位

五峰の鷹 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    南蛮貿易を独占して天下を獲れ―海を奔る男たちの壮大なる戦国叙事詩。
  • 内容紹介

    壮大なる男たちの戦国叙事詩

    朝廷から金掘り御免の許可を受けてきた石見・三島家の嫡男・清十郎は、9歳の時、叔父の吉田藤左衛門(石見玄蕃)に父を殺され、母・お藤の方を奪われたが、守役の機転で一命を取り留めて故郷を脱出、京都で剣術の腕を磨いていた。しかし、そこにも玄蕃の手下が現れて命を狙われ、清十郎は明の海商・王直を頼る。種子島で鉄砲を学んだ清十郎は、自らも商いを覚え、山口の大内家では毛利元就の知己を得る。その後も、持ち前の行動力を発揮して幾多の危機を乗り越え、近江に逃れる将軍・義藤(義輝)の京都奪還に尽力するなど、武将としても成長、やがて京都を抑える三好長慶と結んだ玄蕃と対峙することになる。
    お家再興を目指して成長していく若き武将・三島清十郎の姿を通し、日本が統一に向かう機運が生まれた時代を鮮やかな筆致で描きながら、鉄砲普及の背後にあった諸外国の思惑、若き日の明智光秀や織田信長との交流も交え、時代が大きく動いた原動力を浮き彫りにする。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    著者は戦国時代を生きた絵師の生涯を描いた「等伯」で第148回直木賞を受賞。本作品は、受賞後第一作となります。

    図書館選書
    戦国時代、国を奪われながら、いち早く鉄砲の威力とその流通の重要性にふれ、自ら商いをしつつ戦国武将と交流を深め、お家再興を目指す若き武将・三島清十郎の姿を通し、時代が大きく動いた原動力を浮き彫りにする。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955年、福岡県黒木町(現八女市)生まれ。久留米高専卒。東京都大田区役所で図書館司書を務めながら小説家を志し、90年『血の日本史』でデビュー。以後、常識に囚われない独自の歴史観に基づく骨太の歴史小説を数多く発表。05年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、13年『等伯』で第148回直木賞を受賞

五峰の鷹 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:安部 龍太郎(著)
発行年月日:2013/12/02
ISBN-10:4093798559
ISBN-13:9784093798556
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:599ページ
縦:20cm

    小学館 五峰の鷹 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!