FKB 恐怖女子会―火炎の呪(竹書房文庫) [文庫]

販売休止中です

    • FKB 恐怖女子会―火炎の呪(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥70122ポイント(3%還元)
100000009001998026

FKB 恐怖女子会―火炎の呪(竹書房文庫) [文庫]

価格:¥701(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
日本全国配達料金無料
出版社:竹書房
販売開始日: 2013/11/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

FKB 恐怖女子会―火炎の呪(竹書房文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    女子だけ参加、女子の感性で描き出す実話怪談「恐怖女子会」第2弾!生きていても死んでいても、とり憑く女にはモヤッとするしザワッとする、そんな怪異が満載です。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    笑う女(岡本美月);病室の声(岡本美月);お賽銭(岡本美月);白い花火(岡本美月);時間を盗んだ話(岡本美月);あの臭い(橘百花);これでいいんでしょ(橘百花);さわちゃん(橘百花);フェチ(橘百花);噂の女(橘百花)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡本 美月(オカモト ミツキ)
    「実録怪談集百物語」シリーズ、『霊は語りかける』『怪しい怪奇譚』など、平谷美樹との共著が多数

    橘 百花(タチバナ ヒャッカ)
    栃木県出身。実話怪談大会「超‐1/2007年度大会」参加を皮切りに以降も大会に佳作を発表、2010年『恐怖箱 蝙蝠』にて共著デビュー。アートにも造詣が深く、独自の視点と直感から日常に隠れた怪異を抉る

    田辺 青蛙(タナベ セイア)
    2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で『薫糖』が佳作となり、『てのひら怪談』に収録される。2008年『生き屏風』で第15回日本ホラー大賞短編賞受賞

    明神 ちさと(ミョウジン チサト)
    神奈川県出身。怪談、ホラー、ミステリー嗜好のライター。新宿ゴールデン街にあった「BAR幻影城」の元女城主

FKB 恐怖女子会―火炎の呪(竹書房文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:岡本 美月(著)/橘 百花(著)/田辺 青蛙(著)/明神 ちさと(著)/平山 夢明(監修)
発行年月日:2013/12/06
ISBN-10:4812497558
ISBN-13:9784812497555
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:諸芸・娯楽
ページ数:222ページ
縦:15cm
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 FKB 恐怖女子会―火炎の呪(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!