「永遠の0」と日本人(幻冬舎新書 お 19-1) [新書]
    • 「永遠の0」と日本人(幻冬舎新書 お 19-1) [新書]

    • ¥88053ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002007943

「永遠の0」と日本人(幻冬舎新書 お 19-1) [新書]

  • 3.0
価格:¥880(税込)
ポイント:53ポイント(6%還元)(¥53相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2013/12/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「永遠の0」と日本人(幻冬舎新書 お 19-1) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「妻と娘のために必ず生きて帰る」と言い続けながら特攻を志願した、『永遠の0』の主人公・宮部久蔵。その強烈な生と死は、「特攻とは何だったのか」「日本人はなぜあの戦争を戦ったのか」という、我々が向き合うことから逃げてきた問いをつきつける。映画『永遠の0』から、『風立ちぬ』『終戦のエンペラー』、小説『永遠の0』、そして特攻隊員たちの遺書へ。丹念な読み解きを通して、「戦後」という見せかけの平和の上に安穏と空疎な人生を重ねてきた日本人に覚醒を促す、スリリングな思索の書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 戦争は単なる悪なのか―映画『永遠の0』が照らし出す亀裂(あの日、真珠湾は美しかった
    最初に見終えての感想は「憤り」 ほか)
    第2章 「戦後日本」の美しき神話―映画『風立ちぬ』のアンビバレント(宮崎映画は「戦後日本」の神話である
    平和と流血との矛盾から目を背けてきた日本人 ほか)
    第3章 偽りと不信の日米関係―縮図としての映画『終戦のエンペラー』(見れば見るほど奇妙な映画
    俳優・スタッフたちの驚くべき無知 ほか)
    第4章 「戦後」からの決別―小説『永遠の0』の奇跡(映画では隠された小説の科白
    百田尚樹のダイナミックな歴史観 ほか)
    第5章 特別攻撃隊とは何だったのか(世界の戦史に例を見ない戦術
    こんな二十歳の青年が存在した社会があったか ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小川 榮太郎(オガワ エイタロウ)
    昭和42年生まれ。文藝評論家。創誠天志塾塾長。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修士課程修了

「永遠の0」と日本人(幻冬舎新書 お 19-1) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:小川 榮太郎(著)
発行年月日:2013/12/10
ISBN-10:4344983327
ISBN-13:9784344983328
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:259ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 「永遠の0」と日本人(幻冬舎新書 お 19-1) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!