カントからヘルダーリンへ―ドイツ近代思想の輝きと翳り(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) [単行本]
    • カントからヘルダーリンへ―ドイツ近代思想の輝きと翳り(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002021462

カントからヘルダーリンへ―ドイツ近代思想の輝きと翳り(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東北大学出版会
販売開始日: 2013/12/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

カントからヘルダーリンへ―ドイツ近代思想の輝きと翳り(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、ドイツ近代思想の根本特徴を従来とは異なった角度から追究している。初期ロマン主義者たちの思想的母体となったカントの哲学とフィヒテの哲学が思想革命の各段階として読み解かれ、両哲学の本質をもとに評価するかぎり、意外にもその思想革命は継承されずに終わったという実像が描き出される。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 コペルニクス革命と初期ロマン主義―カント・フィヒテ・ヘルダーリン(哲学のコペルニクス革命
    知識学の体系的理論装置 ほか)
    第2章 カント七〇年代初期の沈黙と思索(時間と空間の主観性と相対性
    避けては通れない難問の克服 ほか)
    第3章 第三原則の再検討と作用性の演繹(結果から原因に溯る知の働き
    自らを客観視する自我の機能 ほか)
    補論(物自体と超越論的対象(X)
    相互主観性と根源的な自由 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    瀬戸 一夫(セト カズオ)
    1959年生まれ。1990年東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論博士課程単位取得退学。2002年山崎賞受賞。2004年日本フィヒテ協会賞受賞。現在、成蹊大学法学部教授

カントからヘルダーリンへ―ドイツ近代思想の輝きと翳り(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:東北大学出版会 ※出版地:仙台
著者名:瀬戸 一夫(著)
発行年月日:2013/12/13
ISBN-10:4861632315
ISBN-13:9784861632310
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:366ページ
縦:22cm
他の東北大学出版会の書籍を探す

    東北大学出版会 カントからヘルダーリンへ―ドイツ近代思想の輝きと翳り(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!