イメージ人類学 [単行本]
    • イメージ人類学 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月8日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
イメージ人類学 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002030523

イメージ人類学 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月8日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:平凡社
販売開始日:2014/11/07
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 166998位

イメージ人類学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人類学的アプローチにより“イメージ=メディア=身体”の相互作用をはじめて理論化。『美術史の終焉?』の著者によるイメージ学の記念碑的著作、待望の日本語版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 イメージ=メディア=身体―主題の概説
    第2章 イメージの場所2―人類学的試論
    第3章 人間像としての身体像―表象の危機
    第4章 紋章と肖像画―身体の二つのメディア
    第5章 像と死―太古の文化における体現化(写真をめぐるエピローグとともに)
    第6章 イメージと影―ダンテのイメージ論とその芸術論への変容
    第7章 メディアの透明性―写真のイメージ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ベルティンク,ハンス(ベルティンク,ハンス/Belting,Hans)
    1935年生。マインツ大学で博士号を取得。ミュンヘン大学の美術史学教授を経て、1992年にカールスルーエ造形大学に招聘され、2002年まで同大学の美術史学とメディア学の教授。ハーヴァード大学、コロンビア大学、パリ大学社会科学高等研究院にも客員教授として招かれ、2003年にはコレージュ・ド・フランスのヨーロピアン・チェアに就任。同年、コートールド美術研究所から名誉学位を授与される。2004年から2007年まで、IFK(国際文化科学研究所、ウィーン)の所長、現在はZKM(メディア芸術センター、カールスルーエ)の「グローバル・アートとミュージアム」プロジェクトの顧問を務めている

    仲間 裕子(ナカマ ユウコ)
    1953年生。津田塾大学国際関係学部卒業後、ベルリン自由大学美術史研究所に留学。大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。現在は立命館大学産業社会学部教授
  • 出版社からのコメント

    美術史学を広くイメージの学として構想し直した理論的主著。美術作品、考古学、映画や広告、イメージの全てを対象とする学の誕生。

イメージ人類学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:ハンス ベルティンク(著)/仲間 裕子(訳)
発行年月日:2014/10/24
ISBN-10:4582702848
ISBN-13:9784582702842
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:375ページ
縦:22cm
その他: 原書名: Bild-Anthropologie:Entw¨urfe f¨ur eine Bildwissenschaft〈Belting,Hans〉

    平凡社 イメージ人類学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!