最高の戦略教科書 孫子 [単行本]
    • 最高の戦略教科書 孫子 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月1日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
最高の戦略教科書 孫子 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002033447

最高の戦略教科書 孫子 [単行本]

  • 4.25
価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月1日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2014/01/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

最高の戦略教科書 孫子 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    二千五百年ものあいだ偉人たちに読み継がれ、いまなお絶大な影響力を誇る名著を、1部『孫子』は何が言いたいのか、2部『孫子』は現代でも活用可能なのかの二部に分け、身になるステップを追っていく。
  • 目次

    I部 『孫子』はそもそも何を問題とし、何を解決しようとしたのか
    第一章 百戦百勝は善の善なる者にあらず
    第二章 敵と味方の比べ方
    第三章 戦いにおける二つの原則――不敗と短期決戦
    第四章 兵は詭道なり
    第五章 情報格差のある状況での戦い方――各個撃破と急所
    第六章 情報格差が作れないときの戦い方 1主導権と裏の読みあい
    第七章 情報格差が作れないときの戦い方 2無形と勢い
    第八章 自国内での戦い方――地形とゲリラ戦
    第九章 勝は度から導き出される
    第十章 勝てる組織と将軍の条件
    第十一章 情報を制する者は戦いを制す

    II部 『孫子』の教えをいかに活用するか
    第十二章 そもそも人生やビジネスに、戦いなんて必要ないのではないか
    第十三章 そもそも戦略と戦術とは、どう違うのか
    第十四章 試行錯誤ばかりしていたら心が折れそうなんですけど
    第十五章 ジリ貧状態では、不敗なんて守っていられないのではないか
    第十六章 相手の急所をつけば、すぐに決着などついてしまうのではないか
    第十七章 詭道やだましあいなんて、品性下げそうでいやなんですけど
    第十八章 「各個撃破」なら勝てるのに、なぜ「選択と集中」では失敗するのか
    第十九章 追いつめる以外の「勢い」の出し方はないのか
    第二十章 弱者はどのように振る舞えばよいのか
  • 内容紹介

    孫子本ブームの火付け役となった赤本!
    新聞各紙、週刊誌、ラジオでも話題沸騰。
    読者の3割が女性と30代以下という、これまでの孫子解説書にはない
    読みやすさ、わかりやすさで、10万部を突破!
    ビジネスだけでなく、スポーツや人生のさまざまなシーンで活用できる 「負けないための戦略」が数多く紹介されています。
    複数の敵と戦わざるをえない今だからこそ読みたい、話題の兵法書です。

    *勝ち続けるリーダーは必ず読んでいる。その戦略とは?
    ・短期で勝てる相手とだけ戦う
    ・正」と「奇」の運用
    ・こちらを小さく弱く見せる
    ・絶妙なエサのまき方
    ・危機感を刺激する
    ・情報格差は力なり
    ・流れの外で、流れを操る
    ・事前に負けておくことの重要性
    ・約束は控えめに、実行はたっぷりと

    ソフトバンク孫正義社長、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ、2002年ワールドカップ優勝ブラジルチーム代表監督スコラーリ、多国籍軍総司令官シュワルツコフ、そして古くは軍師・黒田官兵衛、武田信玄、諸葛孔明--。
    『孫子』を愛読書としてあげる人物には、方面を問わずビッグネームがずらりと並びます。彼らは単にこれを読むだけではなく、そこに「競争状態での原理原則」を見出し、いまの時代背景や自身の状況に引きなおして、「負けないために何をすべきか」を「自分の知恵」として実践しています。戦争であれビジネスであれ、いまも昔も、「戦わなければならない」という状況に変わりはありません。約2500年も前に書かれた中国の兵法書『孫子』が、現代も世界中で読み継がれ、人々をひきつけて止まないのは、そのためでしょう。時代や分野を超えて、勝負に勝つためのエッセンスが『孫子』には凝縮されているのです。
    本書は、読者が自らのビジネスや生き方に実践していくために、『孫子』がそもそも何を問題とし、何を解決しようとしたのか、前提条件がまったく違う現代でも本当に役立つのかという観点から、わかりやすく解説しています。 著者は、中国古典の専門家として、多くの企業経営者・管理職を相手に勉強会を行ってきましたが、本書ではその会に参加した経営者の生の声や、経営・ビジネスの名著、偉人たちの言葉を盛り込みながら、『孫子』を初めて読む若い読者の方にも読みやすい内容になっています。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    守屋 淳(モリヤ アツシ)
    作家、中国古典研究家。1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は中国古典、主に『孫子』『論語』『老子』『荘子』『三国志』などの知恵を現代にどのように活かすかをテーマとした執筆や、企業での研修・講演を行う
  • 著者について

    守屋 淳 (モリヤ アツシ)
    作家、中国古典研究家。
    1965年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大手書店勤務を経て、現在は中国古典、主に『孫子』『論語』『老子』『荘子』『三国志』などの知恵を現代にどのように活かすかをテーマとした執筆や、企業での研修・講演を行う。
    主な著・訳書に『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)、『ビジネス教養としての「論語」入門』『図解 最高の戦略教科書 孫子』(日本経済新聞出版社)など。

最高の戦略教科書 孫子 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:守屋 淳(著)
発行年月日:2014/01/24
ISBN-10:4532169259
ISBN-13:9784532169251
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:384ページ
縦:19cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 最高の戦略教科書 孫子 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!