日本美術全集〈7〉運慶・快慶と中世寺院時代―鎌倉・南北朝時代1 [全集叢書]
    • 日本美術全集〈7〉運慶・快慶と中世寺院時代―鎌倉・南北朝時代1 [全集叢書]

    • ¥16,500495ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002036748

日本美術全集〈7〉運慶・快慶と中世寺院時代―鎌倉・南北朝時代1 [全集叢書]

山本 勉(責任編集)
価格:¥16,500(税込)
ポイント:495ポイント(3%還元)(¥495相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2014/01/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本美術全集〈7〉運慶・快慶と中世寺院時代―鎌倉・南北朝時代1 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本巻にて初めて「運慶作」とする一六体を加え、「運慶仏四七体」を完全掲載。また運慶と同時代に活躍した快慶の作品では、二〇一三年に国宝となった騎獅文殊菩薩坐像をはじめ、三七体を紹介。二人の師弟らの代表作品も時代に沿って追うことで、慶派の歴史が書き換えられる衝撃を味わえる。
  • 内容紹介

    天才仏師が生んだ日本仏像史上最大のドラマ

    今年(2013年6月)、静岡にある願成就院の阿弥陀三尊像、毘沙門天像、不動明王および二童子像がそろって国宝に指定された。いまや、だれもがこれらの作者は運慶であると疑わない。だが、68年に小学館より刊行された美術全集(『原色日本の美術 中世寺院と鎌倉彫刻』)の解説を読むと、なんと<どうもよくわからない>と書かれている。それだけ、この半世紀間に運慶研究は進み、作品の再評価や新発見が相次いだということだろう。また、近年、運慶作・興福寺南円堂安置の四天王像が、かつては北円堂にあったとする説が有力になりつつあり、本巻でもこれにしたがった。現在北円堂にある無著世親立像、弥勒仏坐像を約800年前に四天王が守っていた――そんな、現在では見られない一具の姿を、観音開きの大型ページで再現している。
    「現代におけるさまざまな人間ドラマは、鎌倉時代にも同じようにあったと思う」と著者の山本勉氏はいう。運慶と快慶のあいだに生じたであろうライバル関係、天才プロデューサーとして弟子たちを束ねて行なう「工房」スタイル・・・・華麗なるノミさばきを堪能しながら、日本仏像史上最大の人間ドラマも楽しめる内容になっている。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    https://www.facebook.com/nichibi.shogakukan?ref=hl

    図書館選書
    運慶研究の第一人者による責任編集のもと、これまでいわれてきた31体に、さらに16体を加えた「運慶全作品47体」を掲載。さらに中世前期における寺院建築の様式史を概観する。

日本美術全集〈7〉運慶・快慶と中世寺院時代―鎌倉・南北朝時代1 の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:山本 勉(責任編集)
発行年月日:2013/12/30
ISBN-10:409601107X
ISBN-13:9784096011072
判型:規大
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:287ページ
縦:38cm
横:27cm
その他:運慶・快慶と中世寺院-鎌倉・南北朝時代1-
他の小学館の書籍を探す

    小学館 日本美術全集〈7〉運慶・快慶と中世寺院時代―鎌倉・南北朝時代1 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!