それからの納棺夫日記 [単行本]
    • それからの納棺夫日記 [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002045135

それからの納棺夫日記 [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日:2014/02/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 102192位

それからの納棺夫日記 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    アカデミー賞受賞映画「おくりびと」では描かれなかった、「生」と「死」の本当の意味。「死ぬ」とは、どういうことか―?
  • 目次

    序 『納棺夫日記』と映画「おくりびと」
     映画化で原作者を辞退
     納棺夫が伝えたかったこと

    第一章 死の現場での体験
     親族の恥と罵られ
     恋人の瞳
     憎しみが涙に変わる時
     あらゆるものが輝いて見える
     死者の顔
     蛆が光って見えた

    第二章 死ぬとはどういうことか
     生と死の区別
     十四歳の二人の少年
     死者の顔は安らかで美しい
     誰も死を見ていない
     笑って死んでいく生き方

    第三章 死者たちに導かれて
     仏教との出遇い
     いのちの光を拠りどころに
     不思議な光
     体験を通して出遇う真実

    第四章 いのちのバトンタッチ
     光に触れた後の生き方 悟りと八正道
     死後の世界の有無 有見と無見
     生と死が交差する瞬間 二種の回向
     大きな悲しみから大きな優しさへ 大悲大慈
     臨終に立ち会う大切さ 臨終来迎
     仏典や経典の喩え話 方便と真実
     いのちのバトンタッチ 至心・信楽・欲生
     今を生きている人のために ブッダの教え

    あとがき
  • 内容紹介

    アカデミー賞受賞映画「おくりびと」の原案者が、映画では描かれなかった「生」と「死」の本当の意味は・・・。このたび、その後の「納棺夫日記」が一冊の本になりました。生と死を見つめ、命を繋いでいくことの大切さも実感できるお話です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    青木 新門(アオキ シンモン)
    詩人・作家。1937年、富山県(下新川郡入善町荒又)生まれ。早稲田大学中退後、富山市で飲食店「すからべ」を経営する傍ら文学を志す。吉村昭氏の推挙で「文学者」に短編小説「柿の炎」が載るが、店が倒産。1973年、冠婚葬祭会社(現オークス)に入社。専務取締役を経て、現在は顧問。1993年、葬式の現場の体験を「納棺夫日記」と題して著しベストセラーとなり全国的に注目される

それからの納棺夫日記 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:青木 新門(著)
発行年月日:2014/02/15
ISBN-10:4831864269
ISBN-13:9784831864260
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:171ページ
縦:20cm
厚さ:2cm
重量:358g

    法蔵館 それからの納棺夫日記 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!