イチョウの自然誌と文化史 [単行本]

販売休止中です

    • イチョウの自然誌と文化史 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
100000009002046122

イチョウの自然誌と文化史 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2014/02/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

イチョウの自然誌と文化史 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第1章 イチョウ精子発見は,なぜ大発見か?
     1.1 明治初期の科学の状況
     1.2 外国人教師
     1.3 日本人の発見
     1.4 精子発見の大イチョウ
     1.5 私の追跡作業
     1.6 シュトラスブルガーとは?
     1.7 イチョウ精子観察
     1.8 シュトラスブルガーの得たギンナン

    第2章 イチョウの旅路:日本からヨーロッパへ,そして,ウィーンからボンへ
     2.1 ウィーンからボンへ
     2.2 ウィーン大学のイチョウ
     2.3 ケンペルがイチョウをヨーロッパにもたらした
     2.4 イチョウの拡がり
     2.5 余波

    第3章 生きている化石としてのイチョウ
     3.1 生命の誕生
     3.2 クチクラ,気孔,リグニン
     3.3 水の輸送
     3.4 種子形成
     3.5 イチョウの諸形質
     3.6 ソテツ
     3.7 その他の「生きている化石」

    第4章 平瀬作五郎と池野成一郎の肖像
     4.1 イチョウ発見に関わる群像
     4.2 平瀬作五郎
     4.3 内藤誠太郎,矢田部良吉,橋 是清,森 有礼
     4.4 高橋是清
     4.5 内藤誠太郎
     4.6 平瀬作五郎の退任
     4.7 池野成一郎

    第5章 イチョウの繁栄と衰退のドラマ
     5.1 イチョウの化石
     5.2 中生代でのイチョウの繁栄
     5.3 現生イチョウへの道
     5.4 イチョウの系統関係
     5.5 衰退への前段階
     5.6 新生代におけるイチョウの衰退のドラマ

    第6章 イチョウは中国から日本へ運ばれてきた
     6.1 日本のイチョウ
     6.2 シナン(新安)沈船
     6.3 日本におけるイチョウ

    第7章 そしてイチョウは世界へ広がった
     7.1 ヨーロッパでの拡がり
     7.2 イチョウの新大陸への拡がり
     7.3 イチョウ成育環境

    第8章 医薬品としてのイチョウ
     8.1 白果
     8.2 イチョウ葉

    第9章 ケンペルがイチョウをGinkgo と呼んだ
     9.1 廻国奇観
     9.2 「日本誌」の成立まで
     9.3 ‘The History of Japan’日本誌
     9.4 今村源右衛門英生

    第10章 ゲーテとイチョウ
     10.1 ゲーテのイチョウへのこだわり
     10.2 ゲーテと植物
     10.3 ABC モデル
     10.4 花とは?

    第11章 小石川植物園植物散策と歴史的背景
     11.1 植物散策
     11.2 歴史の中の植物園

    第12章 イチョウが教えてくれるもの

    第13章 終章
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長田 敏行(ナガタ トシユキ)
    1968年東京大学理学部卒業。1973年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。日本学術振興会特別研究員、1973年東京大学教養学部、1979年名古屋大学理学部、1983年基礎生物学研究所勤務を経て、1990年東京大学理学部教授。1993年東京大学大学院理学系研究科教授(組織替えによる)。2007年東京大学定年退職、東京大学名誉教授。2007年より法政大学教授。2008年より法政大学生命科学部教授。この間、東京大学大学院理学系研究科附属植物園園長、フンボルト財団研究員としてマックス・プランク生物学研究所で研究従事、日米科学協力事業で、ワシントン大学、イリノイ大学で研究従事
  • 出版社からのコメント

    日本人に馴染み深いイチョウの植物学的・文化史的側面と、明治時代になされたイチョウの精子発見の舞台背景を貴重な資料とともに紹介
  • 内容紹介

    古来から日本人にとって親しみ深いイチョウは、ギンナン料理はもとより、街路樹として植えられ、シンボルマークや文学作品にも数多く登場してきた。明治時代、平瀬作五郎と池野成一郎によるイチョウやソテツの精子発見は、日本人が世界に先駆けて行った独創的な研究であるが、本書では、その舞台背景を当時の貴重な資料とともに紹介する。また、絶滅しかけたイチョウが、人間活動により世界中に「生きている化石」として分布を拡げてきた事実を知ることは、生物種の多様性を保全する見地からも大変重要である。イチョウの植物学的側面や、その文化史に興味のある方にぜひ一読をお勧めしたい。
  • 著者について

    長田 敏行 (ナガタ トシユキ)
    法政大学教授、理学博士

イチョウの自然誌と文化史 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:長田 敏行(著)
発行年月日:2014/02/10
ISBN-10:4785358572
ISBN-13:9784785358570
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:204ページ
縦:21cm
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 イチョウの自然誌と文化史 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!