地球環境変動の生態学(シリーズ現代の生態学〈2〉) [全集叢書]
    • 地球環境変動の生態学(シリーズ現代の生態学〈2〉) [全集叢書]

    • ¥3,672221ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年5月20日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002051703

地球環境変動の生態学(シリーズ現代の生態学〈2〉) [全集叢書]

日本生態学会(編)原 登志彦(担当編集委員)
価格:¥3,672(税込)
ポイント:221ポイント(6%還元)(¥221相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年5月20日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:共立出版
販売開始日:2014/02/27
ご確認事項:返品不可

地球環境変動の生態学(シリーズ現代の生態学〈2〉) の 商品概要

  • 目次

    第1章 地球環境変動と陸域生態系(加藤知道・羽島知洋)

    第2章 陸域生態系研究における現地観測(鈴木力英・加藤知道)

    第3章 リモートセンシングによってわかる陸上植生(鈴木力英)

    第4章 異なる気候に成立する森林の動態と自然撹乱(西村尚之・板谷明美)

    第5章 地域スケールにおける大気と森林生態系との相互作用研究(戸田 求)

    第6章 土壌における炭素動態とモデリング(横沢正幸・櫻井 玄)

    第7章 植生と気候との相互作用と,動的全球植生モデル(佐藤 永)

    第8章 土壌における炭素循環と気候変動(伊勢武史)

    第9章  花粉分析による植生変動の復元(高原 光)

    第10章 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による気候変動の復元(中塚 武)

    第11章 陸域生態系の温室効果ガス収支(稲冨素子・伊藤昭彦)

    第12章 森林破壊と地球環境変化(伊藤昭彦)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    原 登志彦(ハラ トシヒコ)
    1983年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。現在、北海道大学低温科学研究所・教授、理学博士。専門は植物生態学
  • 内容紹介

    本書は,地球環境変動の過去・現在・未来について,地域スケールから全球スケールにおけるプロセスとメカニズムを,生態学的な視点から解説した本である。地球環境変動を理解するためには,広い視野で総合的に研究を展開することが望まれる。そのため,本書では地球環境変動に関わる生物・物理・化学・地学の基礎と最新の話題を扱い,さらには人文社会科学的側面にも触れる。地球環境変動について学びたい者や今後研究を発展させていこうとする者の指針となる一冊である。

地球環境変動の生態学(シリーズ現代の生態学〈2〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:共立出版
著者名:日本生態学会(編)/原 登志彦(担当編集委員)
発行年月日:2014/02/25
ISBN-10:4320057414
ISBN-13:9784320057418
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:278ページ
縦:21cm

    共立出版 地球環境変動の生態学(シリーズ現代の生態学〈2〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!