最後の紙面(日経文芸文庫) [文庫]
    • 最後の紙面(日経文芸文庫) [文庫]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002058316

最後の紙面(日経文芸文庫) [文庫]

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2014/03/07
ご確認事項:返品不可

最後の紙面(日経文芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    米国人富豪がローマに設立し、50年後、経営不振で廃刊・閉鎖が決まった小さな英字新聞社。スタッフたちのほろ苦く、おかしく、切なく、ときに痛い生き様を通じて、人間の不完全さ、愛すべき姿を描き出す連作短編集。全米の話題をさらった気鋭新人作家のデビュー作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ブッシュ急落、支持率最低を更新―パリ駐在記者ロイド・バーコウの場合
    Caffe Greco,ROME,1953―一九五三年ローマ カフェ・グレコ
    世界最年長のうそつき、百二十六で逝去―訃報記者アーサー・ゴパールの場合
    Corso Vittorio,ROME,1954―一九五四年ローマ ヴィットーリオ通り
    ヨーロッパ人は怠け者、との調査結果―ビジネス記者ハーディ・ベンジャミンの場合
    Corso Vittorio,ROME,1957―一九五七年ローマ ヴィットーリオ通り
    アイスクリームに地球温暖化の利―校正部長ハーマン・コーエンの場合
    Aventine Hill,ROME,1960―一九六〇年ローマ アヴェンティーノの丘
    米軍将官、戦況を楽観―編集主幹キャスリーン・ソルソンの場合
    Corso Vittorio,ROME,1962―一九六二年ローマ ヴィットーリオ通り〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ラックマン,トム(ラックマン,トム/Rachman,Tom)
    世界中を幅広く取材してきたロンドン生まれのジャーナリスト、作家。トロント大学、コロンビア大学ジャーナリズム大学院卒。AP通信ローマ特派員、インターナショナル・ヘラルドトリビューン紙パリ支局員などを歴任

    東江 一紀(アガリエ カズキ)
    翻訳家。1951年生まれ。北海道大学文学部英文科卒業。英米の娯楽小説やノンフィクションを主として翻訳する

最後の紙面(日経文芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:トム ラックマン(著)/東江 一紀(訳)
発行年月日:2014/03/05
ISBN-10:453228029X
ISBN-13:9784532280291
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:社会
ページ数:445ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE IMPERFECTIONISTS〈Rachman,Tom〉

    日本経済新聞社 最後の紙面(日経文芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!