鼠、狸囃子に踊る(角川文庫) [文庫]
    • 鼠、狸囃子に踊る(角川文庫) [文庫]

    • ¥57218ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月26日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002068477

鼠、狸囃子に踊る(角川文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥572(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月26日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2014/03/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

鼠、狸囃子に踊る(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    女医・千草の下で働くお国は、お使いの帰り道に奇妙な光景に出くわした。林の奥の誰もいない場所で、お囃子が響いている。すぐさま“甘酒屋”の次郎吉に知らせるが、「番町の七不思議の一つ、『狸囃子』だぜ」と取り合ってもらえない。一方で、狸囃子の噂は、瓦版に載ったために江戸中の評判になる。仕方なく、様子を見に行くことにした次郎吉だったが、そこで囃子方の矢七の姿を見かけて…。大人気痛快時代小説、第7弾。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    鼠、影を踏む;鼠、夢に追われる;鼠、狸囃子に踊る;鼠、狐の恋に会う
  • 出版社からのコメント

    鼠、今宵も江戸の町をお騒がせ。
  • 内容紹介

    女医の千草の手伝いで、一人でお使いに出かけたお国。帰り道に耳にしたのは、お囃子の音色。フラフラと音が鳴る方へ覗きに行ったはいいが、人っ子一人、見当たらない。次郎吉も話半分に聞いていたが……。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    赤川 次郎(アカガワ ジロウ)
    1948年、福岡県生まれ。76年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞

鼠、狸囃子に踊る(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:赤川 次郎(著)
発行年月日:2014/03/25
ISBN-10:4041012929
ISBN-13:9784041012925
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:173ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 鼠、狸囃子に踊る(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!