日本人の知らない日本一の国語辞典(小学館新書) [新書]
    • 日本人の知らない日本一の国語辞典(小学館新書) [新書]

    • ¥77024ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002074490

日本人の知らない日本一の国語辞典(小学館新書) [新書]

価格:¥770(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2014/04/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本人の知らない日本一の国語辞典(小学館新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    成人した大人が理解できる言葉の数はおよそ5万語といわれている。その10倍以上の言葉を収録した日本で唯一の大辞典が『日本国語大辞典』。この世界に誇る辞書完成の陰には、辞書編集に一生を捧げた父子三代の物語があった。祖父・父の遺志を継ぎ自身も辞書編集者となった著者が詳らかにする日国完成までの長大な時間。加えて“声に出して読めない日本語”など興味深いエピソードも満載。日本語の達人が軽妙洒脱な語り口で綴る日本語の来し方行く末。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 崖の下の編集所
    第2章 辞書で引けない言葉たち
    第3章 国語辞典の作り方
    第4章 芥川龍之介は辞書を「読んだ」
    第5章 辞書は、そして日本語はどこへ行く
  • 内容紹介

    日本には、『日本国語大辞典』が、ある。

    成人した大人が理解できる言葉の数はおよそ5万語といわれている。その10倍以上の言葉を収録した日本で唯一の大辞典が『日本国語大辞典』。
    この、世界に誇る国語辞典の完成を支えたのは、著者を含む3代にわたる辞書編集者一族だった。
    そんな辞書編集者一族の物語、日国誕生から完成までの秘話に加えて、「声に出して読めない日本語」「カンカンゴゴ~混乱する日本語」「百年の誤読が生き残る日本語」「全然OKな日本語」などなど…日本語にまつわるエピソードも満載。
    辞書編集の第一人者である著者が軽妙洒脱に綴る「日本語の来し方行く末」。


    図書館選書
    「ボーニンアイランドって?」「芥川龍之介は辞典を“読んだ”」「料金表示の“大人/小人”の読み方」「昔の“青空”は澄んでいた」などのトピックとともに日本一の国語辞典「日国」の編集・完成までの裏側を紹介。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松井 栄一(マツイ シゲカズ)
    1926年東京都生まれ。国語学者。辞書編集者。元山梨大学教授。『日本国語大辞典』初版と第二版の編集委員を務める。祖父の松井簡治、父の松井驥もともに辞書編集者

日本人の知らない日本一の国語辞典(小学館新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:松井 栄一(著)
発行年月日:2014/04/06
ISBN-10:409825204X
ISBN-13:9784098252046
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本語
言語:日本語
ページ数:191ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 日本人の知らない日本一の国語辞典(小学館新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!