心理療法における「私」との出会い(京大心理臨床シリーズ〈10〉) [全集叢書]
    • 心理療法における「私」との出会い(京大心理臨床シリーズ〈10〉) [全集叢書]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002074928

心理療法における「私」との出会い(京大心理臨床シリーズ〈10〉) [全集叢書]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2014/04/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

心理療法における「私」との出会い(京大心理臨床シリーズ〈10〉) の 商品概要

  • 目次

    はじめに
    序章

    第一章 心理療法における主体
    心理療法における“私”性と“固有”性――あるいは河合隼雄の「“私”の心理学」
    ユングの自我体験
    主体生成プロセスをまなざす観点呈示の試み――「垂直性をめぐる動き」「水平性をめぐる動き」という観点
    “異”なるものとの出会いとしての臨床性
    身体言語的トポスとしての心理臨床空間
    心理療法における居場所
    ■ コラム■ デジャヴュ体験が与える「守り」の観点
    ■ コラム■ 自殺念慮の心理的意味

    第二章 セラピストのまなざし
    心理臨床における見立て――出会いと主体の生成をめぐって
    逆転移概念の批判的検討――治療者の省察のために
    心理療法における治療者の熱意の意義――ナルシシズムを超えて
    クライエントにとっての事例研究
    事例報告の夢
    ■ コラム■ 保護者面接の軸とカウンセラーの親経験

    第三章 表現における「主体」と「関係」
    プレイセラピーにおける解釈と洞察――潜在的な関係性知識に向けて
    「私」のリズムと表現――瞬間の関係性としての前言語的表現
    バウムという投影法――共感するバウム
    風景構成法における自己像の描画にみる「定位」――風景の「見え」との関連から
    絵を見ることにおける触覚性――スクィグルを題材に
    「チャムシップ関係」という視点からみた心理療法
    ■コラム■ 心理療法再考――『気』の観点から
    ■コラム■ 「私」が「私」になる過程としての原光景について

    第四章 事例研究
    「私」の凝固と融解――クライエントとセラピストの交錯するところ
    統合失調症と診断された一青年との面接過程
    精神病を抱えるクライエントへの回復期における箱庭療法の意味――幻想から日常への橋渡しの働き
    統合失調症学生と共に過ごした時間――風景構成法の変遷から
    プレイセラピーにおける自己体験のあり方の変化について――遊びの勝ち負けへの関わり方をめぐって
    子どもとともにつくる治療の場、そして治療の場――情緒障害児短期治療施設の実践
    器質性精神障害をかかえる女性との出会い――心的次元における生と存在と出会いへの問い直し
    ■コラム■ 先天性心疾患術後患児と養育者に課せられているものをめぐって
    ■ コラム■ 精神科デイケアという場所(トポス)

    おわりに
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    皆藤 章(カイトウ アキラ)
    京都大学大学院教育学研究科教授。博士(文学)。臨床心理士

    松下 姫歌(マツシタ ヒメカ)
    京都大学大学院教育学研究科准教授。博士(教育学)。臨床心理士
  • 出版社からのコメント

    本書は、一人ひとりのセラピストがクライエントとの心のいとなみを見直すことを通じて心理療法の本質を問い直すことを目的とする。
  • 内容紹介

    本書は、一人ひとりのセラピストがクライエントとの心のいとなみを見直すことを通じて心理療法の本質を問い直すことを目的とする。第一章は、クライエントとセラピストの関係における主体をめぐる論考、第二章は主体を捉えようとするセラピストの視点や姿勢にまつわる論考、第三章は心理療法的主体の表現へのアプローチにまつわる論考、そして第四章は捉えがたき主体へのアプローチについての事例を通じた論考が展開されている。
  • 著者について

    皆藤 章 (カイトウ アキラ)
    京都大学大学院教育学研究科教授。博士(文学)。臨床心理士。著書『風景構成法――その基礎と実践』『生きる心理療法と教育――臨床教育学の視座から』『風景構成法のときと語り』(いずれも誠信書房)、『風景構成法の事例と展開――心理臨床の体験知』(共編著、誠信書房)、『講座心理療法8 心理療法と現代社会』(共著、岩波書店)、『臨床心理学全書7 臨床心理査定技法2』(編著、誠信書房)。訳書『子どもの夢1』『同2』(共訳、人文書院)ほか。

    松下 姫歌 (マツシタ ヒメカ)
    京都大学大学院教育学研究科准教授。博士(教育学)。臨床心理士。著書『これから始める臨床心理学』(共著、昭和堂)、『バウムの心理臨床』『箱庭療法の事例と展開』(いずれも共著、創元社)、『現代のエスプリ別冊 中年の光と影』(共著、至文堂)ほか。

心理療法における「私」との出会い(京大心理臨床シリーズ〈10〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:皆藤 章(編)/松下 姫歌(編)
発行年月日:2014/04/01
ISBN-10:4422113704
ISBN-13:9784422113708
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:262ページ
縦:22cm
他の創元社の書籍を探す

    創元社 心理療法における「私」との出会い(京大心理臨床シリーズ〈10〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!