日本の論壇雑誌―教養メディアの盛衰 [単行本]
    • 日本の論壇雑誌―教養メディアの盛衰 [単行本]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002081901

日本の論壇雑誌―教養メディアの盛衰 [単行本]

竹内 洋(編著)佐藤 卓己(編著)稲垣 恭子(編著)
価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2014/04/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の論壇雑誌―教養メディアの盛衰 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    雑誌「論壇」史が照らしだす、戦後日本の輿論と空気。豊かな中間文化を支えた“戦後論壇”の変容と、その舞台たる「総合(綜合)雑誌」の栄枯盛衰に光を当てる、初めての本格的研究。関連年表付。
  • 目次

     序論(竹内洋)

    ■第一部  論壇のフォーマット
    『中央公論』――誌運の法則(竹内洋)
    『文藝春秋』――卒業しない国民雑誌(井上義和)
    『世界』――戦後平和主義のメートル原器(佐藤卓己)
    ■第二部  論壇のアキレス腱
    『婦人公論』――お茶の間論壇の誕生(稲垣恭子)
    『暮しの手帖』――山の手知識人の覇権(佐藤八寿子)
    『朝日ジャーナル』――桜色の若者論壇誌(長崎励朗)
    『ニューズウィーク日本版』――論壇は国際化の夢を見る(松永智子)
    ■第三部  論壇のフロンティア
    『諸君!』――革新幻想への解毒剤(井上義和)
    『流動』――新左翼系総会屋雑誌と対抗的言論空間(大澤聡)
    『放送朝日』――戦後京都学派とテレビ論壇(赤上裕幸)
    「ネット論壇」――論壇のデジタル化とインターネット(富田英典)
     
     あとがき(佐藤卓己)

     『日本の論壇雑誌』関連年表(白戸健一郎)
     人名・誌名索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹内 洋(タケウチ ヨウ)
    1942年生まれ。新潟県育ち。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(教育学)。京都大学大学院教育学研究科教授を経て、関西大学東京センター長。京都大学・関西大学名誉教授

    佐藤 卓己(サトウ タクミ)
    1960年広島県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(文学)。東京大学新聞研究所助手、同志社大学文学部助教授、国際日本文化研究センター助教授などを経て、京都大学大学院教育学研究科准教授

    稲垣 恭子(イナガキ キョウコ)
    1956年広島県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程退学。京都大学博士(教育学)。現在、京都大学大学院教育学研究科教授
  • 出版社からのコメント

    昭和期以降、日本独自の言論空間として機能した論壇を、総合雑誌を題材にして論じる社会学論集。雑誌10誌(+ネット)をセレクト。
  • 内容紹介

    昭和期以降、日本独自の言論空間として機能した論壇。その論壇の舞台であった、いわゆる総合(綜合)雑誌を題材に、戦後民主主義を支えてきた中間文化界の形成・実相・変遷を論じる、ありそうでなかった社会学論集。『文藝春秋』や『世界』『婦人公論』『暮しの手帖』『流動』『放送朝日』など、論壇の時間軸と空間軸の広がりに絶妙に迫る雑誌10誌(+ネット)をセレクト。論壇の崩壊が叫ばれて以降初めて成る、本格的論壇研究。
  • 著者について

    竹内 洋 (タケウチ ヨウ)
    1942年新潟県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(教育学)。京都大学大学院教育学研究科教授を経て、現在、関西大学東京センター長。京都大学・関西大学名誉教授。著書に『メディアと知識人』(中央公論新社、2012年)、『革新幻想の昭和史』(同、2011年)、『大学という病』(同、2001年)など

    佐藤 卓己 (サトウ タクミ)
    1960年広島県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(文学)。東京大学新聞研究所助手、同志社大学文学部助教授、国際日本文化研究センター助教授などを経て、現在、京都大学大学院教育学研究科准教授。著書に『「キング」の時代』(岩波書店、2002年)、『言論統制』(中公新書、2004年)、『輿論と世論』(新潮選書、2008年)など。

    稲垣 恭子 (イナガキ キョウコ)
    1956年広島県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程退学。京都大学博士(教育学)。現在、京都大学大学院教育学研究科教授。著書に『女学校と女学生』(中公新書、2007年)、編著書に『不良・ヒーロー・左傾』(共編、人文書院、2002年)、『教育文化を学ぶ人のために』(2011年、世界思想社)など。

日本の論壇雑誌―教養メディアの盛衰 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:竹内 洋(編著)/佐藤 卓己(編著)/稲垣 恭子(編著)
発行年月日:2014/04/10
ISBN-10:4422300482
ISBN-13:9784422300481
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:350ページ
縦:21cm
他の創元社の書籍を探す

    創元社 日本の論壇雑誌―教養メディアの盛衰 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!