精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床 [単行本]
    • 精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床 [単行本]

    • ¥3,410103ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002086424

精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床 [単行本]

価格:¥3,410(税込)
ポイント:103ポイント(3%還元)(¥103相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩崎学術出版社
販売開始日:2014/04/14
ご確認事項:返品不可

精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    イントロダクション(精神分析ってなんぼのもん?
    心理臨床家の自立について―内省と観察の営みとしての精神分析の学び、そして深まり)
    1 精神分析を学ぶこと(フロイトとその現代的意義
    子どもの精神分析と「小さき者」に向き合うこと―クラインの軌跡を追って
    精神分析と自閉症を持つ子どもとの出会い―タスティンにみる精神分析の神髄 ほか)
    2 精神分析を深めること(メラニー・クラインの「児童分析」のインパクト
    言葉を用いて考えること
    精神分析的心理療法における「共感」の意味―A personal response ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    平井 正三(ヒライ ショウゾウ)
    1994年京都大学教育学部博士課程研究指導認定退学。1997年英国タビストック・クリニック児童・青年心理療法コース修了。帰国後、佛教大学臨床心理学研究センター嘱託臨床心理士、京都光華女子大学助教授などを経て、現在、御池心理療法センターにて開業の傍ら、NPO法人子どもの心理療法支援会の理事長を務める。2011年より大阪経済大学大学院人間科学研究科客員教授に就任

精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床 の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩崎学術出版社
著者名:平井 正三(著)
発行年月日:2014/04/14
ISBN-10:4753310728
ISBN-13:9784753310722
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:202ページ
縦:21cm

    岩崎学術出版社 精神分析の学びと深まり―内省と観察が支える心理臨床 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!