高齢者が働くということ―従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性 [単行本]

販売休止中です

    • 高齢者が働くということ―従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
100000009002090453

高齢者が働くということ―従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2014/04/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

高齢者が働くということ―従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    年を取って引退した身でありながら働く―その動機や経験は人によってさまざまであり、互いに相容れないものもある。本書は、従来の基準に照らせば引退していてもおかしくない年齢の人にとって、働くことはどんな意味があるのかを考えていく。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    針をつくることは、人生を生きること
    第1部 UP THE STAIRS階段をのぼった先にある世界(フレッドのために稼ぐ―生産性、人々、生きがい
    アンティークな機械とアンティークな人たち―ヴァイタニードルという家族
    しばられない生き方―自由と柔軟性)
    第2部 IN THE PRESSメディアはどう見ているか(「高齢化の波」に乗る―世界各地で高まるヴァイタニードルへの関心
    ローザは国の宝―「スター」になって発揮された行為主体性)
    小さな工場が教える大きな教訓
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    リンチ,ケイトリン(リンチ,ケイトリン/Lynch,Caitrin)
    オーリン大学人類学准教授。シカゴ大学で文化人類学の修士号、博士号を取得。米国人類学協会(AAA)会員。専門は労働、ジェンダー、高齢化政策、文化基準など

    平野 誠一(ヒラノ セイイチ)
    銀行勤務などを経てビジネス・経済・金融関連の翻訳に携わる

高齢者が働くということ―従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:ケイトリン リンチ(著)/平野 誠一(訳)
発行年月日:2014/04/24
ISBN-10:447802166X
ISBN-13:9784478021668
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:416ページ
縦:19cm
その他: 原書名: RETIREMENT ON THE LINE:age,work,and value in an American factory〈Lynch,Caitrin〉
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 高齢者が働くということ―従業員の2人に1人が74歳以上の成長企業が教える可能性 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!