反骨の公務員、町をみがく―内子町・岡田文淑の町並み、村並み保存 [単行本]
    • 反骨の公務員、町をみがく―内子町・岡田文淑の町並み、村並み保存 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月1日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002098329

反骨の公務員、町をみがく―内子町・岡田文淑の町並み、村並み保存 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月1日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:亜紀書房
販売開始日:2014/05/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 788661位

反骨の公務員、町をみがく―内子町・岡田文淑の町並み、村並み保存 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    都会の金をあてにしない、自立への途はあるのか?過疎化と少子化はますます進み、地方と都会の格差は埋まらない。歴史的景観と自然を維持し、住民の暮らしを守るために何ができるのか。松山から40キロ、愛媛県内子町の町並み保存運動と日本のまちづくり40年。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 ブンシュクさん、おおいに語る(もらわれっこ、役場に入る
    妻篭や足助に刺激されて―個性的なまちづくり人たち
    いよいよ町並み保存
    観光化の問題 ほか)
    2 ブンシュクさん、内子を案内する(一日目
    二日目
    奥様、京子さんの話
    大西啓介さんと芳我出身のおばあさん ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森 まゆみ(モリ マユミ)
    1954年、東京生まれ。作家。大学卒業後、出版社勤務をへて、1984年地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を2人の仲間とともに創刊、2009年の終刊94号まで編集人を務めた。その間、上野奏楽堂、赤レンガの東京駅の保存などに携わる。現在も「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」の共同代表として奔走している

反骨の公務員、町をみがく―内子町・岡田文淑の町並み、村並み保存 の商品スペック

商品仕様
出版社名:亜紀書房
著者名:森 まゆみ(著)
発行年月日:2014/05/23
ISBN-10:4750514071
ISBN-13:9784750514079
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:227ページ
縦:19cm

    亜紀書房 反骨の公務員、町をみがく―内子町・岡田文淑の町並み、村並み保存 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!