コンパイラ(未来へつなぐデジタルシリーズ〈24〉) [全集叢書]
    • コンパイラ(未来へつなぐデジタルシリーズ〈24〉) [全集叢書]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月2日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002115006

コンパイラ(未来へつなぐデジタルシリーズ〈24〉) [全集叢書]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月2日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:共立出版
販売開始日: 2014/06/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

コンパイラ(未来へつなぐデジタルシリーズ〈24〉) の 商品概要

  • 目次

    第1章 プログラムが動作する仕組み
    1.1 コンピュータの仕組み
    1.2 プログラム開発の目的
    1.3 コンピュータの発展と問題点

    第2章 言語が動作する仕組み
    2.1 自然言語と人工言語
    2.2 プログラミング言語と機械語
    2.3 言語を動作させる工夫
    2.4 アルゴリズム

    第3章 字句解析
    3.1 トークン
    3.2 トークンの種類
    3.3 字句解析の手法
    3.4 状態遷移図の表による表現
    3.5 トークンの定義
    3.6 字句解析のツール

    第4章 文法
    4.1 規格の必要性
    4.2 文法と言語
    4.3 導出
    4.4 構文木
    4.5 BNF
    4.6 構文木と演算子の記法

    第5章 下向構文解析
    5.1 再帰下降法
    5.2 演算子の追加
    5.3 文法からの下向構文解析の生成
    5.4 LL(k)構文解析

    第6章 yaccによる構文解析
    6.1 yacc
    6.2 演算子の優先順位

    第7章 上向構文解析
    7.1 SLR構文解析
    7.2 SLRの動作の仕組み
    7.3 SLR(k)
    7.4 正規LR構文解析
    7.5 SLRとLRの違い

    第8章 yaccの仕組み:LALR構文解析
    8.1 LALR構文解析
    8.2 LALR構文解析の状態集合
    8.3 あいまいな文法

    第9章 構文木と意味づけ
    9.1 意味づけ
    9.2 記号の管理
    9.3 スコープを考えない記号表
    9.4 スコープの処理
    9.5 属性文法
    9.6 中間言語
    9.7 機械独立性

    第10章 コード生成
    10.1 コード生成
    10.2 レジスタ割り当て
    10.3 スタック型コンピュータ
    10.4 クロスコンパイラ

    第11章 関数・手続きの処理
    11.1 関数の処理の例
    11.2 関数の呼び出し
    11.3 大域変数
    11.4 静的バインディングと動的バインディング
    11.5 引数の種類
    11.6 結合編集

    第12章 最適化
    12.1 最適化
    12.2 機械独立の最適化
    12.3 プログラムのフローダイアグラム
    12.4 機械依存の最適化
    12.5 機械語命令レベルの最適化
    12.6 最適化の注意

    第13章 インタプリタと仮想計算機
    13.1 さまざまな実行方法
    13.2 インタプリタ
    13.3 コンパイラインタプリタ
    13.4 仮想計算機
    13.5 プログラミング言語向きアーキテクチャ
    13.6 インタプリタ的機械の生成
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐渡 一広(サド カズヒロ)
    1983年3月東京工業大学理工学研究科情報科学専攻博士後期課程単位取得退学。4月群馬大学工学部情報工学科助手。1985年6月東京工業大学(理学博士)。1987年4月群馬大学工学部情報工学科助教授。1993年10月群馬大学社会情報学部助教授。2010年4月‐現在、群馬大学社会情報学部教授。学会等:情報処理学会会員、日本社会情報学会会員、ソフトウェア科学会会員、ACM会員、IEEE会員

    寺島 美昭(テラシマ ヨシアキ)
    1984年3月埼玉大学工学部電子工学科卒業。4月三菱電機株式会社入社。現在、同社債情報技術総合研究所主席研究員、博士(工学)。学会等:情報処理学会会員、電子情報通信学会会員、IEEE会員

    水野 忠則(ミズノ タダノリ)
    1969年3月名古屋工業大学経営工学科卒業。4月三菱電機株式会社入社。1987年2月九州大学(工学博士)。1993年4月静岡大学教授。2011年4月‐現在、愛知工業大学教授、静岡大学名誉教授。受賞歴:2009年9月情報処理学会功績賞ほか。学会等:情報処理学会員、電子情報通信学会員、IEEE会員、ACM会員、Informatics Society会員
  • 内容紹介

    コンパイラはプログラミング言語が実際に動作するまでの仕組みである。本書では,主としてC言語をコンパイラの対象として説明し,Javaについてはコンパイラの構成の観点から説明する。具体的には字句解析,構文解析,コード生成,最適化について説明している。実際に簡単なプログラミング言語の処理系を作成するための,lexやyaccを使用した基本的な手法を学ぶことができる。また,プログラミング言語の処理方式を理解することで,プログラムを作成・実行するうえでも有用となる。

コンパイラ(未来へつなぐデジタルシリーズ〈24〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:共立出版
著者名:佐渡 一広(著)/寺島 美昭(著)/水野 忠則(著)
発行年月日:2014/06/15
ISBN-10:4320123441
ISBN-13:9784320123441
判型:B5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:数学
言語:日本語
ページ数:158ページ
縦:26cm
他の共立出版の書籍を探す

    共立出版 コンパイラ(未来へつなぐデジタルシリーズ〈24〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!