有期雇用法制ベーシックス(ジュリストBOOKS) [単行本]
    • 有期雇用法制ベーシックス(ジュリストBOOKS) [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002121015

有期雇用法制ベーシックス(ジュリストBOOKS) [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2014/06/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

有期雇用法制ベーシックス(ジュリストBOOKS) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    雇止め法理の法定化や無期労働契約への転換など、日本の有期雇用法制は大きな変化を遂げました。有期雇用法制をどう構築するかは、翻って正規雇用制度をどう変革するかという問題でもあります。本書では、有期労働契約を規律する労働基準法・労働契約法の条文を中心に、その社会的背景も踏まえながら、関係法規をわかりやすく解説します。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 有期雇用法制の全体像(有期雇用法制―民法・労働基準法・労働契約法にまたがる規制の全体像;2012年労働契約法改正による有期労働契約規制;有期雇用法制の課題)
    第2章 有期雇用法制の個別条文解説(労働基準法14条(契約期間等);労働契約法17条(契約期間中の解雇等);労働契約法18条(有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換);労働契約法19条(有期労働契約の更新等);労働契約法20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止))
    第3章 鼎談2012年労働契約法改正―有期労働規制をめぐって(2012年労働契約法改正までの経緯;無期労働契約への転換;雇止め法理の立法化;不合理な労働条件の禁止)
  • 出版社からのコメント

    雇止め法理の法定化,無期労働契約への転換など,いよいよ変化の大きい有期雇用をめぐる問題を,逐条形式で解説。
  • 内容紹介

    雇止め法理の法定化,無期労働契約への転換など,大きく変わった有期雇用法制。その経緯を踏まえて全体を概観,労働基準法・労働契約法の関係条文を逐条で解説する。また,好評を博したジュリスト掲載の鼎談を収録。一冊で有期雇用法制の「いま」がわかる!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荒木 尚志(アラキ タカシ)
    東京大学大学院法学政治学研究科教授・法学博士
  • 著者について

    荒木 尚志 (アラキ タカシ)
    東京大学教授

有期雇用法制ベーシックス(ジュリストBOOKS) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:荒木 尚志(編著)
発行年月日:2014/06/20
ISBN-10:4641144648
ISBN-13:9784641144644
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:248ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 有期雇用法制ベーシックス(ジュリストBOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!