怪奇文学大山脈〈1〉西洋近代名作選 19世紀再興篇 [単行本]
    • 怪奇文学大山脈〈1〉西洋近代名作選 19世紀再興篇 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月11日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002126728

怪奇文学大山脈〈1〉西洋近代名作選 19世紀再興篇 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月11日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京創元社
販売開始日: 2014/06/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

怪奇文学大山脈〈1〉西洋近代名作選 19世紀再興篇 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    双子の兄を救うために人心を惑わす妖女と対決する弟の苦悩を描く、神話的な恐怖とロマンティシズムに満ちた中篇「人狼」(クレメンス・ハウスマン)、列車で遭った異形の強盗、仮面について物語る謎の美女との出会いから、二転三転する恐怖が展開する「仮面」(リチャード・マーシュ)など、本邦初訳作を中心とした14篇に、編者による詳細なまえがき・作品解説を付す。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    第1部 ドイツロマン派の大いなる影響:亡霊の騎士と妖怪の花嫁(レノーレ(ゴットフリート・アウグスト・ビュルガー);新メルジーネ(ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ);青い彼方への旅(ルートヴィヒ・ティーク);フランケンシュタインの古塔(作者不詳);イタリア人の話(キャサリン・クロウ);人狼(クレメンス・ハウスマン));第2部 この世の向こうを覗く:心霊界と地球の辺境(モノスとダイモノス(エドワード・ブルワー=リットン);悪魔のディッコン(ジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュ);鐘突きジューバル(フィッツ=ジェイムズ・オブライエン);仮面(リチャード・マーシュ));第3部 欧州からの新たなる霊感と幻想科学小説(王太子通り二五二番地(ラルフ・アダムズ・クラム);使者(ロバート・W.チェンバース);ふくろうの耳(エルクマン=シャトリアン);重力が嫌いな人(ちょっとした冗談)―『地球と宇宙の夢想』より(コンスタンチン・オルコフスキイ))
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荒俣 宏(アラマタ ヒロシ)
    1947年東京都生まれ。作家・翻訳家・アンソロジスト。慶應義塾大学卒業。紀田順一郎とともに『幻想と怪奇』の編集や“世界幻想文学大系”の責任編集をつとめるほか、“妖精文庫”のシリーズ監修など、怪奇幻想文学の翻訳・編集・解説執筆に携わる一方、“世界大百科事典”改訂新版の編集・執筆を手がけ、日本における博物学の普及・啓蒙に尽力するなど、多様な活動を展開。87年、『帝都物語』で第8回日本SF大賞受賞。89年、『世界大博物図鑑 第2巻 魚類』でサントリー学芸賞を受賞
  • 内容紹介

    西洋怪奇小説の鉱脈は、汲めども尽きぬ宝の山――稀代の碩学が満を持して贈る、至高の怪奇幻想文学アンソロジー第1巻。本邦未訳作を含む14編。

怪奇文学大山脈〈1〉西洋近代名作選 19世紀再興篇 の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京創元社
著者名:荒俣 宏(編)
発行年月日:2014/06/27
ISBN-10:4488010202
ISBN-13:9784488010201
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:445ページ
縦:19cm
その他:レノーレ,新メルジーネ,青い彼方への旅,フランケンシュタインの古塔 他
他の東京創元社の書籍を探す

    東京創元社 怪奇文学大山脈〈1〉西洋近代名作選 19世紀再興篇 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!