現代日本の「社会の心」―計量社会意識論 [単行本]
    • 現代日本の「社会の心」―計量社会意識論 [単行本]

    • ¥2,530152ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002127724

現代日本の「社会の心」―計量社会意識論 [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:152ポイント(6%還元)(¥152相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2014/06/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可、プレゼント包装不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

現代日本の「社会の心」―計量社会意識論 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    わたしたちの「社会の心」は、いまどこに向かって進んでいるのか「総中流」や「格差」「伝統性」「再帰性」など時代をあらわすキーワードを分析、検証する最新の日本社会論。
  • 目次

    序 章 「社会の心」を計量する
    第Ⅰ部 社会意識論の再構築
     第1章 社会意識の捉え方
     第2章 計量社会意識論の作法
    第Ⅱ部 アイデンティフィケーションの軌跡
     第3章 一九八五年の日本
     第4章 総中流現象の正体
     第5章 総中流社会から総格差社会へ
    第Ⅲ部 オリエンテーションのゆくえ
     第6章 伝統─近代主義の静かな退役
     第7章 主義なき時代
     第8章 QOL志向の密かな時代変化
    終 章 覚醒性・直結性・再帰性
  • 出版社からのコメント

    私たちの価値観や考え方,満足のしかたは,いかに変わってきたのか。本書はそうした「社会の心」を計量手法を用いて分析する。
  • 内容紹介

    私たちは,いまどのような社会を心に描き,いかなる価値に基づいて生きているのだろう。本書はそうした「社会の心」の姿を調査データから論じる。「総中流」や「格差」など,人々が心に描いてきた社会の変化を計量社会学から再検証し,更新する最新の現代社会論。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉川 徹(キッカワ トオル)
    1966年、島根県に生まれる。1994年、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授
  • 著者について

    吉川 徹 (キッカワ トオル)
    大阪大学教授

現代日本の「社会の心」―計量社会意識論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:吉川 徹(著)
発行年月日:2014/06/25
ISBN-10:4641173982
ISBN-13:9784641173989
判型:B6
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:264ページ ※248,16P
縦:20cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 現代日本の「社会の心」―計量社会意識論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!