本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書]
    • 本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月20日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002142012

本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月20日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2014/07/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    漢意を排斥して大和魂を追究し、「物のあはれを知る」説を唱えたことで知られる、江戸中期の国学者・本居宣長。伊勢松坂に生まれ、京都で医学を修めた後、賀茂真淵と運命的な出会いを果たす。以来、学問研究に身を捧げ、三十有余年の歳月を費やし『古事記伝』を著した。この国学の大成者とは何者だったのか。七十年におよぶ生涯を丹念にたどりつつ、文学と思想の両分野に屹立する宣長学の全体像を描き出す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 国学の脚本
    第2章 学問の出発
    第3章 人生の転機
    第4章 自省の歳月
    第5章 論争の季節
    第6章 学問の完成
    第7章 鈴屋の行方
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 康二(タナカ コウジ)
    1965年大阪市生まれ。94年神戸大学大学院文化学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)(神戸大学)。富士フェニックス短期大学助教授、神戸大学文学部助教授を経て、神戸大学大学院人文学研究科教授。日本近世文学。著書『村田春海の研究』(汲古書院、2000、日本古典文学会賞)ほか

本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:田中 康二(著)
発行年月日:2014/07/25
ISBN-10:4121022769
ISBN-13:9784121022769
判型:B6
対象:教養
発行形態:新書
内容:哲学
ページ数:240ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 本居宣長―文学と思想の巨人(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!