鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) [文庫]
    • 鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) [文庫]

    • ¥63820ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002142151

鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) [文庫]

価格:¥638(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2014/07/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    レヴィーリーンは皇帝の寵姫に仕える奴隷娘。「いつか皇帝に見初められてのし上がり、贅沢三昧の暮らしをしてやる!」と野望に燃えている。だが得意の舞で目立ちすぎてしまい、あえなくクビに!代わりに派遣されたのは「鳥篭」と呼ばれる、皇位につかなかった皇子たちの幽閉所。今は皇帝の異母弟シャルハードがひとりで暮らしている。皇弟は魔神と語り、送り込まれる女官で夜な夜な妖しい「実験」をしていると噂の人物だが…!?
  • 内容紹介

    皇帝の寵姫になるはずが皇帝の弟と夜伽!?

    レヴィーリーンはアズーカル帝国の奴隷娘。皇帝の寵姫の女官を務めながら、「いつか見初められてのし上がってやる!」と野望に燃えているガッツあふれる少女。だが皇帝が寵姫の部屋を訪れた際に目立ちすぎてしまい、寵姫にクビにされる。
    代わりに派遣されたのは「鳥籠」と呼ばれる宮殿の幽閉所。そこは皇位につかなかった皇子たちが幽閉される場所で、彼らは妻子を持てず宮廷で重要な仕事をすることもできず宮殿の外へ出ることもできない。現在は皇帝の異母弟シャルハードがひとりでそこに住んでいた。
    そんな将来のない者の慰みものにされるなんて…!と嫌がるレヴィーリーンだったが、シャルハードは美青年ながら変わり者のオタクで、研究と発明に没頭して慰めに用意された美人たちに見向きもしない。
    シャルハードは砂を水に変える実験を繰り返していた。今の水源の水量が数十年のうちに半減すると言われているのだ。シャルハードと皇帝は仲が良く、皇帝は弟の研究を支援していた。
    シャルハードはレヴィーリーンを皇太后の女官にするよう皇帝に頼んでおいた、と言うが…!?

    【編集担当からのおすすめ情報】
    イケイケ女子と美形でのんきな皇弟とのアラビアン・ラブコメディ!!!

    図書館選書
    レヴィーリーンはアズーカル帝国の奴隷娘。「いつか見初められてやる!」と燃えているが、悪目立ちしすぎてクビになる。代わりに派遣されたのは皇帝の兄弟が幽閉される「鳥籠」と呼ばれる宮殿で…!?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    葵木 あんね(アオキ アンネ)
    第1回ルルルカップ応募作『女王家の華燭』を長編用に加筆・修正しデビュー

鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:葵木 あんね(著)
発行年月日:2014/07/30
ISBN-10:4094522867
ISBN-13:9784094522860
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:251ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 鳥籠の寵姫(オダリスク)―虜の皇子(おうじ)は恋をしない(ルルル文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!