イチゴの基礎知識―生態と栽培技術(農業の知識シリーズ) [単行本]
    • イチゴの基礎知識―生態と栽培技術(農業の知識シリーズ) [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002157555

イチゴの基礎知識―生態と栽培技術(農業の知識シリーズ) [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2014/08/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

イチゴの基礎知識―生態と栽培技術(農業の知識シリーズ) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 栽培イチゴの誕生と我が国への伝来
    第2章 作型開発と生産量
    第3章 植物体の各器官の性状
    第4章 生育ステージ別の生理生態
    第5章 果実品質
    第6章 品種と育種
    第7章 促成栽培
    第8章 夏秋どりイチゴ(四季成り性品種)
    第9章 夏秋どり栽培技術
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森下 昌三(モリシタ マサミ)
    1951年兵庫県生まれ。1974年3月鳥取大学農学部卒業、同年4月農林省野菜試験場久留米支場に奉職。中央農業総合研究センター、国際農林水産業研究センター(中国長期在外研究員)、北海道農業研究センター、東北農業研究センターなどを経て、2012年3月に退職。現在、九州沖縄農業研究センター筑後・久留米研究拠点(久留米)で専門員として勤務。この間、「とよのか」、「さちのか」などの品種育成に携わると共に育種技術に関する基礎的研究や開花・結実に関する生態的研究を行い、1991年に九州大学から学位(農学博士)を授与される
  • 出版社からのコメント

    イチゴの生態と栽培技術、品種の変遷などを詳しく解説。品種育成や最新技術、夏秋イチゴなどについての基礎知識も網羅している。
  • 内容紹介

    イチゴの栽培に不可欠な生理生態について理解を深められるよう、休眠、花芽分化、花芽の発育などを中心に、豊富なデータをもとに解説している。
    栽培技術では、今日主流となっている促成長期どり栽培の生育ステージと管理作業の要点を中心に取り上げ、高設栽培やクラウン温度制御など注目の技術にも触れている。また、日本国内の端境期の収穫・出荷に向け近年、産地形成、品種開発の進んでいる夏秋どりイチゴについては、イチゴの生理生態との関連、栽培技術に加え、品種の解説、流通上の課題も交えてまとめている。
    その他、長年品種育成に携わってきた筆者ならではの視点から、品種改良の歴史と品種の変遷、交配と育種についても詳しく解説されている。
  • 著者について

    森下 昌三 (モリシタ マサミ)
    1951年兵庫県生まれ。74年3月鳥取大学農学部卒業、同年4月農林省野菜試験場久留米支場。中央農業総合研究センター、国際農林水産業研究センター(中国長期在外研究員)、北海道農業研究センター、東北農業研究センターなどを経て、2012年3月に退職。現在、九州沖縄農業研究センター筑後・久留米研究拠点(久留米)で専門員として勤務。この間、「とよのか」「さちのか」などの品種育成に携わるとともに育種技術に関する基礎的研究や開花・結実に関する生態学的研究を行い、1991年に九州大学から学位(農学博士)を授与される。96年には日本園芸学会功績賞、2003年、09年および13年にはそれぞれ年間優秀論文賞を受賞する。著書に『イチゴQ&A―栽培技術早わかり』『中国の野菜』など、その他、共著多数。

イチゴの基礎知識―生態と栽培技術(農業の知識シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:森下 昌三(著)
発行年月日:2014/08/28
ISBN-10:4416613687
ISBN-13:9784416613689
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:農林業
言語:日本語
ページ数:255ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 イチゴの基礎知識―生態と栽培技術(農業の知識シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!