不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫]

販売休止中です

    • 不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002169209

不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:竹書房
販売開始日: 2014/09/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    遊び人として知られる、子爵家の跡とりフレディは、親友のデイヴナム男爵から留守のあいだ、妻の妹たちの面倒を見てくれと頼まれる。“妹たち”といっても本当は血のつながらない乙女たちが、男爵夫人の姪として、ふるまっているだけなのだが…。しぶしぶ引き受けたフレディだったが、気乗りしない原因は姉妹のひとりダマリスだった。彼女がいると、いつもの“軽薄な放蕩者”でいることができなくなってしまうのだ。ある朝、フレディはダマリスが貧民街へ入るところを見かける。彼女は自分の夢をかなえるため、内緒で磁器の絵付けの仕事をしているのだという。自分でもよくわからない気持ちに駆られ、フレディは毎朝送り迎えすることに。早起きなどしたことがなかったのに、その日から朝靄の中をダマリスと歩くのが、なぜか楽しみとなったのだった。そんな時、結婚しない息子に業を煮やした両親が花嫁探しのパーティを開くと知ったフレディは、結婚願望はないというダマリスに、婚約者のふりをしてくれと頼むのだが…。結婚をあきらめたダマリスと、放蕩者を演じ結婚から逃れようとするフレディ。偽りの婚約者となったふたりの秘密のゆくえは―?大好評“チャンス姉妹”シリーズ!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    グレイシー,アン(グレイシー,アン/Gracie,Anne)
    オーストラリア生まれ、メルボルン在住。英語教師、カウンセラーの職を経てロマンス小説家となる

不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:アン グレイシー(著)/細田 利江子(訳)
発行年月日:2014/09/17
ISBN-10:4812488834
ISBN-13:9784812488836
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
ページ数:539ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE WINTER BRIDE〈Gracie,Anne〉
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 不本意な婚約は冬の朝に(ラズベリーブックス) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!