不祥事は、誰が起こすのか(日経プレミアシリーズ) [新書]
    • 不祥事は、誰が起こすのか(日経プレミアシリーズ) [新書]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002169617

不祥事は、誰が起こすのか(日経プレミアシリーズ) [新書]

価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2014/09/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 218438位

不祥事は、誰が起こすのか(日経プレミアシリーズ) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    正論より「大人の事情」が優先される、ミス発生に過剰なプレッシャーをかける、しがらみ構造が存在する…。不祥事を起こしやすい組織には共通の「文化」がある。そもそも不祥事とは何か、なぜ起こるのか、どう防ぐのか。多くの事例を紹介しながら、元日銀マンが自身の経験も踏まえ、徹底解剖する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 不祥事を育む土壌
    第2章 偽装事件は平安時代にも―歴史に学ぶ
    第3章 落とし穴にはまる企業
    第4章 オオカミ少年が安全を守る
    第5章 落とし穴にはまる人々
    第6章 不祥事の種は大きく広がる
    第7章 金融に不祥事はつきもの
    第8章 不祥事をデータで捉える
    終章 不祥事をどうやって防ぐか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    植村 修一(ウエムラ シュウイチ)
    大分県立芸術文化短期大学教授。1956年福岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、日本銀行入行。調査統計局経済調査課長、大分支店長、金融機構局審議役などを経て退職。民間会社や独立行政法人経済産業研究所に勤務の後、2013年より現職

不祥事は、誰が起こすのか(日経プレミアシリーズ) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:植村 修一(著)
発行年月日:2014/09/08
ISBN-10:4532262615
ISBN-13:9784532262617
判型:B6
対象:教養
発行形態:新書
内容:経営
ページ数:237ページ
縦:18cm

    日本経済新聞社 不祥事は、誰が起こすのか(日経プレミアシリーズ) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!