波止場日記―労働と思索(始まりの本) [全集叢書]
    • 波止場日記―労働と思索(始まりの本) [全集叢書]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002172215

波止場日記―労働と思索(始まりの本) [全集叢書]

  • 5.0
価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2014/09/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

波止場日記―労働と思索(始まりの本) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「この惑星において人間は異邦人である、と考えるといつも興奮をおぼえる」知識人はなぜ大衆と対立するのか、選民思想はどこから生じるのか。沖仲士の哲学者による思索の結晶。
  • 目次

    序/日記(1958年6月-1959年5月)/訳注/ホッファー小伝/訳者あとがき/解説・森達也
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ホッファー,エリック(ホッファー,エリック/Hoffer,Eric)
    1902‐1983。ドイツ移民の子として、ニューヨークに生まれる。7歳のときに母親が他界、同じ年突然視力を奪われる。盲目生活8年の後突然に視力が回復、1920年父親と死別、カリフォルニアにわたり職を転々とするなか、1938年ミスフィット(社会不適応者)のことをまとめた「好ましからざる者たち」を雑誌に投稿。以後、港湾の荷役仕事を続けながら、読書と大衆運動についての思索を重ねた
  • 出版社からのコメント

    鉱山夫、季節労働者、沖仲士として、大衆とともに社会の基底を渡ってきた特異な哲学者ホッファーの思索日記。森達也による解説付。
  • 内容紹介

    「現代のあらゆる大衆運動においては、教師たちが不可欠の、そしてしばしば指導的な役割をはたした。ときどき、教えたいという衝動――学びたいという衝動よりもはるかに強力で原始的――は大衆運動を盛り上げる一つの要因なのではないかと考えたくなる」(1958年8月16日の日記より)。知識人はなぜ大衆と対立するのか。選民思想はどこから生じるのか。鉱山夫、季節労働者、沖仲士として、大衆とともに社会の基底を渡ってきた特異な哲学者ホッファーの思索日記。森達也による解説を付す。

波止場日記―労働と思索(始まりの本) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:エリック ホッファー(著)/田中 淳(訳)
発行年月日:2014/09/10
ISBN-10:4622083744
ISBN-13:9784622083740
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:264ページ
縦:20cm
その他: 原書名: WORKING AND THINKING ON THE WATERFRONT,A Journal:June 1958-May 1959〈Hoffer,Eric〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 波止場日記―労働と思索(始まりの本) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!