地獄極楽絵本 [単行本]
    • 地獄極楽絵本 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002172600

地獄極楽絵本 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2014/09/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

地獄極楽絵本 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    60分で地獄めぐり。どうしたら極楽に行けるのか!?
  • 目次


    ・中有(ちゅうう)の旅

    ・等活(とうかつ)地獄

    ・黒縄(こくじょう)地獄

    ・衆合(しゅごう)地獄

    ・叫喚(きょうかん)地獄

    ・大叫喚(だいきょうかん)地獄

    ・焦熱(しょうねつ)地獄

    ・大焦熱(だいしょうねつ)地獄

    ・阿鼻(あび)地獄

    ・渇愛(かつあい)の火

    ・極楽(ごくらく)

    「地獄の百面相」 山折哲雄(宗教学者)

    あとがき
  • 内容紹介

    現役僧侶が描いた地獄と極楽の大人向け絵本

    仏様の絵がうまく描けずに悩んでいた寺の小僧の前に、地蔵菩薩が現れ「人間の心の暗く恐ろしい面を見ていないからだ」と、八つの大地獄へ案内します。それぞれの大地獄には、十六の小地獄があって、生前の罪に応じてさまざまな責め苦が待っています。
    地獄の奥深い世界をユーモラスな絵と文で説明し、とてもわかりやすい!
    近年「地獄本」が人気を集めていますが、この本は現役僧侶が描いただけあって、地獄の恐さをおどろおどろしく表現するのではなく、もっと深いところで人間を見つめているのが魅力です。
    「地獄と極楽は対極をなすようで、実は私たちの心の奥底の両極の姿なのだ」と言う著者の考えが心に響きます。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    作者の諸橋精光氏は、真言宗豊山派千蔵院(新潟県長岡市)の僧侶。
    ここまで地獄極楽の世界に踏み込み、わかりやすく描いた「地獄本」は無いと思います。
    前作『般若心経絵本』(2005年初版)も、11刷57,000部のロングセラーとなっています。


    図書館選書
    現役の僧侶が描いた地獄と極楽の絵本。生前の罪に応じて待ち受ける八大地獄の責め苦が、ユル恐い絵で味わい深い。閻魔大王の正体は? 地獄と極楽は人間の心の中にある? 密教思想の核心に迫る本格的内容です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    諸橋 精光(モロハシ セイコウ)
    1954年、新潟県長岡市生まれ。創形美術学校造形科、大正大学仏教学部卒業。20代後半より仏教説話を中心とした絵本・超大型紙芝居の制作を始める。『ナムチンカラトラヤーヤーねことおしょうさま』で2001ブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレ出品。『えにかいたねこ』でボローニャ国際絵本原画展入選。第31回高橋五山賞、第29回正力松太郎賞、土屋文明記念館賞など数々の賞を受ける。現在も実家の千蔵院の住職として寺務のかたわら、絵本・紙芝居・絵画の制作を続けている

    津田 真一(ツダ シンイチ)
    1938年、東京都生まれ。東京大学文学部印度哲学梵文学科卒業。ph.D.(A.N.U)、文学博士(東京大学)。財団法人東方研究会研究員、東方学院講師。前国際仏教学大学院大学教授。真言宗豊山派真福寺住職。同派勧学

地獄極楽絵本 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:諸橋 精光(作)/津田 真一(監修)
発行年月日:2014/09/16
ISBN-10:4093883785
ISBN-13:9784093883788
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:207ページ
縦:20cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 地獄極楽絵本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!